野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 平山城址公園・季重神社 | トップページ | 信州りんご狩り »

安曇野「大王わさび農場」と「もえぎ野そば」

中央フリーウエイを早朝に出発、今は午前五時というとまだ暗い、早朝は高速代が割安なせいか思いのほか車が多い。甲府の先、双葉SAで朝日が富士山の雄姿をシルエットで浮かびあがらせている。日の光を浴びた八ヶ岳連峰の雪化粧がきれいだ。2008_11_22__2670 2008_11_22__2675

豊科ICを降りて大王わさび農場に向かう。雲の間に見える雪化粧の北アルプスを眺めながら、田んぼの中をしばらく走ると農場に着く。2008_11_22__2720 2008_11_22__2834

『大王わさび農場は大正4年から開拓が始まり、約15年の歳月をかけて15ヘクタールにおよぶ日本一のわさび田を完成した。 ここに湧き出る北アルプスの雪解け水は、わさび栽培に欠くことのできないものである。一日に12万トンもの伏流水がこんこんと湧き出し、水温は年間を通じ13度Cを保っている。この水はわさびの生育に必要な養分を豊富に含み、湧き出すそのときに酸素をたっぷりと取り入れ、水流となってわさびを育んでいる。農場周辺の湧水は〈安曇野わさび田湧水群〉と呼ばれ、環境庁の名水百選に選ばれている。』と農場の説明がある。2008_11_22__2752

湧水の蓼川の水車小屋を見ながらわさび田を散策する。わさび田の上を橋のように散策路がある。雪化粧の北アルプスと青い空の下わさびの白い花を見ながら小路を歩く。名水百選の水のみ場に出る。

遅い紅葉とわさび田の緑がきれいなコントラストを見せる。赤いもみじの葉の枝には「じょうびたき」の夫婦が姿をみせ高い空には「とんび」が輪をかいていた。2008_11_22__2774

売店の中はすべてわさび、わさび・・・、わさび漬け、わさび蕎麦、わさびソフト、わさびワイン、わさびせんべい、わさびビール、わさびコロッケ・・・     わさびは日本原産のハーブで、優れた抗菌作用を持つ、脳血栓や心筋梗塞を防ぐ作用や制ガン作用などがあるという。わさびを食べて長生きしよう。

わさび田を後に東筑摩郡朝日村に向かう、車で30分ぐらい。あさひプライムスキー場入り口に、あさひそば打ち道場「もえぎ野」がある。2008_11_22__2820

ここの蕎麦は、石挽き自家製粉により「挽き立て」「打ちたて」「ゆでたて」の「三たて」の基本にこだわる。

中に入るといっぱいでしばらく待たされる。店主が采配を振るっていてテーブルの片付けはきびきびしている。観光バスで団体様が入ってきた・・なかなかの賑わいである。20分ほど待つと相席ですわれることになった。

お勧めは、旬の山菜、きのこ、野菜等を使った郷土色豊なそば料理である『とうじ蕎麦』一人前1、365円・・・二人前よりとなっている。

配膳のおばさんに食べ方を聞く。食べ方は昔から地元に伝わる懐かしい食べ方・・・蕎麦のだし汁の入った鍋に具を入れ蕎麦を竹で作った取っ手のついたざるのようなもので湯どうしするようにして食べる。わかりやすく言うと蕎麦のしゃぶしゃぶのようなものである。こういう食べ方を「とうじる」というらしい。なかなかこれがうまい。熱い鍋なのでふうふう言いながらそばを食べる。天気がよかったのでやはり「ざる蕎麦」にすればよかったかなと思いながら、汗をぬぐいながら食べる。たくさんの量があるのがうれしい。2008_11_22__2819

昨今TV番組で取り上げられたとかで大変混雑している。店の中は広いのでかなりの収容力はある。蕎麦は更科系で食べやすい、各地ではいろいろの蕎麦があるが、どれもそれぞれのよさがあり、やはりその地域での環境で食べるのが一番おいしい。近くに来たときは、また寄ってみたいところだと思った。

« 平山城址公園・季重神社 | トップページ | 信州りんご狩り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野「大王わさび農場」と「もえぎ野そば」:

« 平山城址公園・季重神社 | トップページ | 信州りんご狩り »