野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 安曇野「大王わさび農場」と「もえぎ野そば」 | トップページ | 時の栖イルミネーション »

信州りんご狩り

豊科の白鳥湖に、白鳥がたくさん来ていると聞いたのでよってみる。冷たい犀川の河原に水鳥がたくさんいるが白鳥らしき姿は見えない。2008_11_22__2812

野鳥撮影のカメラマンに聞いて見ると朝の餌付けの時には50羽ほどいたが今はいないとのこと。「しばらく待っていれば飛んでくるよ。」

今年はこの安曇野に約150羽ほどの白鳥がやってきているらしい。河原ではマガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモなどが川の流れに流されないように盛んに水草を食べていた。2008_11_22__2818

白鳥湖を後にして中央自動車長野道を長野市めざして走る。山はうっすらと雪化粧をしている。最近降雪があったようである。紅葉はすでに終わっているが、中には遅いもみじ、ななかまどが赤く日の光に映えていた。

2008_11_24__2615

ななかまどがきれいに色づいている。

周りの畑、田んぼには秋の味覚、柿やりんごがたわわに実っている。

りんごはお尻のほうまで赤く色づいているのが中に蜜がたくさんのって甘くておいしい。2008_11_22__2705

畑の木に遅くまで残しておくと甘さがさらに深くなる。ちょうど霜が降りるころに食べると一番おいしい、ただ商売として出荷するにはそれでは遅いので本当においしいりんごは街中ではなかなか食べられない。2008_11_24__2641

2008_11_23__26512008_11_24__2621 りんごの老木に「ポツン」とおいてある 。収穫の後の感謝の気持ちか?思わずカメラをむけた。

りんごは昔から健康に良いといわれている「一日一個のりんごは病気知らず」と教わった。

« 安曇野「大王わさび農場」と「もえぎ野そば」 | トップページ | 時の栖イルミネーション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州りんご狩り:

« 安曇野「大王わさび農場」と「もえぎ野そば」 | トップページ | 時の栖イルミネーション »