野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 時の栖イルミネーション | トップページ | 多摩センターのイルミネーション »

長泉の晩秋

愛鷹山ふもと長泉の晩秋を楽しんできた。東名御殿場インターで降りて御殿場プレミアムアウトレットでウインドショッピング、あいにくの小雨、今日入荷したばかりというカジュアルシューズを衝動買い。

昼は有名な御寿司屋さんでということで、沼津インターから魚市場へ、行列のできる寿司屋と聞いていたが時間がずれていたせいか二組10人ほど。「地のもの」を食べようと『駿河寿司』・・・2940円+お椀525円なり、期待が大きかったせいかまずまずのおいしさ、連れの評価は及第点ならず。最近の主婦は体だけでなく口も肥えているのかな?どこで鍛えているのか・・・

長泉は港から沼津インター方面に戻りさらに山道を登る。富士山の湧水がおいしいといわれている愛鷹山水神社へ向かう。長泉町森林公園までは道路が整備されているがそこから先は狭い七曲の木立の中を通る。対向車がきたらどちらかが下がらなければならない。コジュケイの親子が6羽道を横切る。紅葉の枝の上ではジョウビタキがヒーヒーと鳴いている。Nagaizumi7

狭い道を抜け、駐車場らしき広場に出る。ハイキングの人はここに車を置いて山登りをするようである。3台の車が止めてあった。案内板に従い、遅い紅葉の木立の中を小鳥のさえずりを聞きながら落ち葉を踏みしめていく。Nagaizumi2 Nagaizumi4

三層の客殿と本堂庫裏を備えた神社が見えてくる。「愛鷹山水神社」である。八大龍王(龍神)を祀り、海洋渡航者、漁師などの信仰を集めているらしい。持ってきたペットボトルに水を汲み帰途につく。Nagaizumi3

今夜の泊まりは桃沢温泉。広い庭園と後ろには遅い紅葉が残る山と、川の流れ、露天風呂からは夕焼け雲と小鳥のさえずりが聞こえてくる。窓越しに見る滝の流れと木立のなかに立ちのぼる湯けむりは都会の喧騒を忘れさせてくれる。Sansou

湯上りの一杯は沼津の酒「喜久酔」、お替わりをするたびについてくる山茶花の花がうれしい。旅館の庭先に咲いているものだそうだ。甘露、甘露・・・・Nagaizumi6

« 時の栖イルミネーション | トップページ | 多摩センターのイルミネーション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長泉の晩秋:

« 時の栖イルミネーション | トップページ | 多摩センターのイルミネーション »