野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 初鳥見 | トップページ | 百草園の梅の花 »

寒い朝

典型的な冬型の気圧配置で、昨日からの雨が今朝は凍りついている。道路、畑、野菜、草木、などなど・・・・・とにかく寒い。今日も日の出前に元気を出して一万歩ウオーキングに向かう。手袋に耳の防寒具、朝鳥の為の双眼鏡。

2009_01_10__5276 2009_01_10__5280

これからのシーズンは、朝飛び起きたら、躊躇せず飛び出してしまうことだ。勢いをつけてスタートしないとくじけてしまう。寒さと付き合う方法だ。

2009_01_10__5293 2009_01_10__5288

雑木林越しに見える朝日がきれいだ。冬の明け方は空気が澄んでいて、時間とともにあける空の青さがすばらしい。足元の枯れ葉は霜が降りて真っ白である。さくさくと小気味の良い音がする。

畑のカリフラワーが凍っている。昨日の雨の水滴が凍り、小枝にダイアモンドのようにぶら下がっている。日が昇るとこんな光景も見られなくなる。・・・・早起きは三文の得か・・・。

2009_01_10__5312 2009_01_10__5300

2009_01_10__5316

久々に見る霜柱の向こうに、春を告げる水仙の花が、凍りつきながらきれいな花を咲かせている。山茶花の赤い花ではメジロが花の蜜を吸っている。子供のころはこの霜柱の上を靴でつぶしながら歩くのが楽しかった。冬の風物詩というところ。2009_01_10__5323

2009_01_10__5333

今日は遠く丹沢山系、秩父山系も雪をかぶっている。一番手前の高尾山も雪が見える。南アルプスの3000メートル級の山々は真っ白だ。富士山の頂の雪にも雲がかかり冷え冷えとしている。青い空と遠くに見える山々のパノラマがすばらしい、多摩のビューポイントである。2009_01_10__5330 2009_01_10__5331

午後からは、アトリウオッチに出かけたが、シロハラ、シメ、ルリビタキなどが元気にとびまわっていた。でも、今日は里山の上の方は風が冷たく、早々に退散して丘を降りた、暖かい陽射しの当たるところでルリビタキの雄がしばらく遊んでくれた。ここのルリは大人ななのか、色がきれいである。2009_01_10__5074 2009_01_10__5064 2009_01_10__5010

今年のおみくじは「小吉」・・・・でも正月から幸せの青い鳥がよく遊んでくれる。世間の景気は暗い話ばかりだが、私にとっては良い一年の前兆かも知れない。何とか気持ちだけでも明るくもって,よい一年にしたいものである。

« 初鳥見 | トップページ | 百草園の梅の花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い朝:

« 初鳥見 | トップページ | 百草園の梅の花 »