野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 寒い朝 | トップページ | 府中郷土の森 »

百草園の梅の花

2009_01_12__5635_edited1_2 百草園では、早咲きの梅の花が咲いているというので行ってきた。京王線百草園駅で降りて15分ほど歩く。

川崎街道を渡り、閑静な住宅街を歩くが登り坂がきつい、左手に見えるマンションは山の傾斜に沿って階層になっている。部屋からの眺めはさぞかしいいんだろうと思いながら歩く。

最後の登りは20度ぐらいあるのではないかと思われる。住宅街なので、ここに住んでいる人は毎日、この坂を上り下りするのは大変だな・・・と考えながら百草園の入り口に着いた。

2009_01_12__5538

石段を登ると大人300円の入場料、受付のおじさんに「すごい坂ですね」というと、「30度ぐらいあるかな、ご苦労さん、どちらから?」とねぎらいの言葉をくれた。

入り口に白梅、斜面に日本水仙が咲き、梅の甘い香りが漂っ2009_01_12__5539てくる。12月から咲き始める「八重寒紅」はつぼみもあるが,満開を過ぎた花も見受けられる。

ここの梅の木はみな古木がおおく、さすがに絵になる。樹齢300年といわれる寿昌梅はまだ固いつぼみであったが、2~3月の「梅祭り」にはきれいに咲きそろうだろう。

石段を登り、満開の蝋梅を見る、先ほどの甘い香りはここからのものであった。逆光に黄色の花びらが光る。ちょうど蝋で作ったような花びらになる。青い空に黄色が映える。

花の近くよりも、風下にいる方が香が風にのってきて心地よい「東風吹かばにおい起こせよ梅の花」。蝋梅では、秩父の宝登山の方が規模は大きいが、風情は百草園の方が上だと思う。

2009_01_12__5549 2009_01_12__5552 2009_01_12__5544

庭園の茶室「さんれきあん」、蕎麦処「松連庵」などの懐かしい日本の風景、茅葺き屋根をみながら散策路を登ると、大きな「しだ椎の木」の展望台が広がる。

ここからは、新宿の高層ビル、東京タワー、が眼下の梅林と茅葺き屋根の向こうに見える。

展望台から急な坂道を降りてきたところに、カンザキアヤメが咲いていた。地中海に多いあやめの一種らしい。あやめは5月の花だとばかり思っていたので、思わずシャッターを。2009_01_12__5566

ルリビタキの鳴き声が聞こえるので、梅に止まってくれないかなと思いながらしばらく待つ。・・・・・梅の花の蜜を吸いにきたのは、ヒヨドリ、と定番のメジロ。・・・・梅に鶯はメジロの間違いだろうといわれているが?。   

だがなかなか良い構図を作ってくれない、花には止まってくれないが、ルリビタキ、シメ、イカルが姿をみせてくれた。2009_01_12__5569 2009_01_12__5679

日が陰ると、風が冷たくなってきたので帰えり支度をする。来月の梅祭りにはおいしい酒と蕎麦を期待しながら、きついのぼり坂の帰り道は、軽快に道を下り駅にむかった。

« 寒い朝 | トップページ | 府中郷土の森 »

コメント

花、鳥、山、水、空、雲、達がとてもそれらしく登場して楽しい、素晴らしい写真が一杯で見て飽きません。更新を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百草園の梅の花:

« 寒い朝 | トップページ | 府中郷土の森 »