野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 光が丘公園 | トップページ | 水戸偕楽園 »

青梅金剛寺と青梅マラソン

2月15日は青梅マラソンの日である。今年で43回目と伝統と歴史のあるマラソンである。幸い好天に恵まれ大勢の参加があった、相変わらずの人気である。スターターはあのオリンピックメダリストの朝原選手だったとか。2009_02_15__7867

2009_02_15__7874

2009_02_15__7898 2009_02_15__7908 それぞれの思いで参加されて、走る人、沿道での声援の人、進行の人、警備の警察官の人たちが一体となって行われている風景はいいものである。

中には、ゼッケンに紅葉マークをつけて参加されていた高齢の方が、元気で頑張っていたのが印象的でした。

やはり、スポーツは観るのも楽しいが、参加するほうがもっと楽しいのだと思う。

2009_02_15__7884 2009_02_15__7895 マラソンが行われている駅前どうりを、青梅駅から15分くらい歩くと左に降りる道があり、右手のきれいな塀沿いに行くと金剛寺がある。ここにある「梅の木」が青梅市の名称になっているといわれている。

2009_02_15__7890 東京都指定天然記念物になっているが、解説によると・・・・『平安時代に活躍した平将門の伝説を持つ古木であるが、現在では完全に老衰期にある。この梅は季節が過ぎても黄熟せず、落実まで青く、このため「青梅」と称せられ、青梅市の名称もこれによって付けられたといい、いわば青梅市の象徴でもある。しかし植物学的には突然変異であるとされているが、滝上氏所有の梅もこの種の「青梅」だといわれている。』とある。

ちょうど梅の季節であるが、梅にまつわる言葉、言い回しは多い。

・梅干と友達は古いほど良い。

・塩梅がいい、悪い。

・梅一輪、一輪ごとの暖かさかな・・・・・・。etc  etc   etc    とか、

寒い季節にきれいな花を咲かせ、艱難辛苦に耐えて晴れ舞台を飾れることから来ているのだろう・・・・。いつの日か元気なうちに、ぜひ青梅マラソンに挑戦してみたいものである。

« 光が丘公園 | トップページ | 水戸偕楽園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅金剛寺と青梅マラソン:

« 光が丘公園 | トップページ | 水戸偕楽園 »