野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 篭脱け鳥三昧 | トップページ | 城山 かたくりの里 »

旅立ちの前

 普通なら三月も末になると、春の陽気で鳥たちもそろそろ北へ、山へ帰る準備をする。今日もいつもの公園を歩いていると、まだルリビタキの雄と雌が遊んでいた。春なので恋を語り合っているのかもしれない。

2009_03_29__9054

 

2009_03_29__9103

近くで鶯の囀りに混じって、ソウシチョウが鳴いている。中国のウグイスといわれるほどきれいな鳴き声である。だが今日は姿はみせてくれなかった。相変わらず、コジュケイとガビチョウの鳴き声は大きい。

2009_03_29__9007

 

2009_03_29__9278

  ルリビタキと一緒にシロハラが朝の食事中であった。今年はずいぶんとシロハラにはお目にかかったがアトリの群れもずいぶんと少なくなったような気がする。しばらくすると夏鳥たちが渡りでやってくるだろう。楽しみにしている。

2009_03_29__9221

 

2009_03_29__9271

 近くではメジロがいつものアクロバットスタイルで花の蜜を吸っていた。カメラをちかずけても食事に夢中のようである。

2009_03_29__9313

2009_03_29__9280

 来年も「幸せの青い鳥」に逢いたいものだ。ことしは「赤い鳥」にも会うことができたし、きっといいことがあるだろう。

 

 最近は、朝のウオーキングも夜明けが早くなり、五時半には明るくなっている。そのせいか鳥たちを追いかける時間が多くなり、目標の一万歩が未達成のことが多くなった。もう少し暖かくなったら、そろそろジョギングを始めて持久力をつけたいとおもう。春というのは何事においても明るく希望に満ちてくる季節である。

« 篭脱け鳥三昧 | トップページ | 城山 かたくりの里 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ちの前:

« 篭脱け鳥三昧 | トップページ | 城山 かたくりの里 »