野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トビの食事 | トップページ | 新緑の奥多摩 »

旧富澤家住宅とカワセミ

 多摩センター駅を下りてパルテノン多摩の石段を登ると噴水のある池があり、右手にまわると多摩中央公園に出る。中央には大きな池があり水鳥が泳いでいる。芝生が切れて大きな林があるがその中に旧富澤家住宅がある。

2009_05_04__2751

 南側に門構えがあり、中に入ると大きな池がある。池のほとりにはシランの花が咲いている。池はきれいに手入れがされていて新緑が目に鮮やかに映る。

2009_05_04__2753

2009_05_04__2860

 富澤家は説明によると、『富澤家の家譜によれば、当家の先祖政本は、今川氏の家臣で、永禄3年(1560) 今川義元が桶狭間の戦いで滅ぼされた後、逃れてこの地に土着した。その後、政本の子忠岐(通称 忠右衛門)が、初代名主を務め、以後代々連光寺村の名主を世襲した。

2009_05_04__2752_2

 当家は、明治天皇はじめ皇族方が、明治14年(1881)以来幾度かこの地に狩などに行幸、行啓した際に「御小休所」として利用された由緒ある家である。』

 平成2年5月、多摩市連光寺富澤政宏氏より寄贈を受け、復元移築したものである。とのことである。

2009_05_04__2773

2009_05_04__2780

2009_05_04__2784

 この池には小魚がいるらしくカワセミがいる。今日も池の石の上にとまっていた。いつも水の中に飛び込んでいるので水浴びなどはしないのかと思っていたら、なんと水浴びをして羽つくろいをしていた。雄の成鳥のようで羽の色はきれいだ。

2009_05_04__2790

2009_05_04__2837

2009_05_04__2803

 「飛ぶ宝石」などといわれているカワセミは水の澄んだ清流にすむ美しい野鳥というイメージが強いが、最近では、清流というイメージとは程遠い池や小川にもたくさん見られるようになった。それだけカワセミが環境に順応してきたのかもしれない。最近では年に一度だった繁殖行動が二度三度になってきたという話もある。カワセミの適応力、生命力はすごいものである。

2009_05_04__2819

2009_05_04__2845

2009_05_04__2854

 動植物の適応力、生命力だけに期待するのではなく、われわれもこの美しい自然環境を動植物にやさしい自然環境として守り続けなけらばならないと思う。私のバードウオッチングのきっかけはこのカワセミのきれいな羽の色に魅せられたのが始まりであった。

« トビの食事 | トップページ | 新緑の奥多摩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧富澤家住宅とカワセミ:

« トビの食事 | トップページ | 新緑の奥多摩 »