野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 旧富澤家住宅とカワセミ | トップページ | 浅間山とムサシノキスゲ »

新緑の奥多摩

 連休の最後は朝から雨になってしまった。天気予報によると、ところによっては雨は上がるかも知れないが降水確率は80%とのこと。殆ど雨である。

2009_05_06__2999

 雨でも連休の最後だから出かけてみる。奥多摩駅を降りて急な石段を降りると多摩川上流の河原に出る。雨なので河原に出ている人は少ないが鱒釣りをしている人がいる。さすがに上流だけあって水はきれいだ。川底の石がきれいに見える。

2009_05_06__3001

2009_05_06__3006

 奥多摩駅のひとつ手前の駅、白丸から舗装道路を少し歩き、十一面観音堂を右にみてさらに山道を奥に進むと、「数馬の切り通し」がある。奥多摩町指定史跡になっている。

2009_05_06__3031

2009_05_06__3030

 説明によると、『元禄年間(1688~1704)に木材などの物資の運搬のために造られたもの。巨大な岩に火を焚き、水をかけて砕き、ツルハシとゲンノウで切り開いたという。両側が巨大な岩になっている切り通しの先、行き止まりのようなところを左側に下りると、片側に岩肌がむき出しの切り通しがある。』、この道を切り開いた苦労の程が偲ばれる。この先は行き止まりなので元の道を引き返す。

2009_05_06__3018

2009_05_06__3025

2009_05_06__3022_2

 青梅街道に下りると白丸湖に出る。発電用に造られた白丸ダムによって、多摩川がせき止められてできた細長い湖。青緑色というのだろうか、深い色をたたえた静かな湖面は神秘的でさえある。対岸に渡る橋の上からその美しさが堪能できる。雨でなければもっといい色に見えるのだろう。

2009_05_06__3039

2009_05_06__3036

 橋を渡ったところに一軒家がある。「奥多摩、白丸ダムの美しい風景の中にひっそりと佇む和風の一軒家。そこが森のカフェ、アースガーデン。」であるという店主の言葉どうり、山すその杉木立の中に静かに佇んでいる。

2009_05_06__3079

2009_05_06__3037

 身体にも心にも美味しい食材ということで、野菜、山菜など奥多摩産の食材でヘルシーな料理を楽しめる。店内からは食事をしながら白丸湖が見下ろせるすばらしい環境である。

2009_05_06__3047

2009_05_06__3053

 お奨めのアースガーデンランチを食す。大丹波のマスのフライに玄米ご飯、スープ、サラダにわさび漬け。雨の日、雪の日はコーヒーお替り自由で1500円。お徳である。玄米ご飯は美味しいのでお替りをしてしまった。

2009_05_06__3067

2009_05_06__3080

 雨は止みそうもなく、激しくなってきたので今回は鳥見はあきらめて、早々に帰ることにした。でもコーヒーのお替り自由は雨ならではであった。

« 旧富澤家住宅とカワセミ | トップページ | 浅間山とムサシノキスゲ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の奥多摩:

« 旧富澤家住宅とカワセミ | トップページ | 浅間山とムサシノキスゲ »