野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 小山田緑地を歩く | トップページ | トビの食事 »

野川公園の花

 京王線柴崎駅を降りて線路沿いに野川の方向に歩く。国道20号線と野川の交差するところにあずまやがあり、そこから河原に下りることができる。菜の花の咲く河原の道を野川公園へと歩く。

2009_04_29__2109

 川の水は豊富できれいな流れだ。カルガモ、コサギ、コガモなどがいる。川の中には大きな鯉が泳いでいる。柴崎から公園までは約一時間ぐらい。水車のある”しんぐるま”を左手にみて新緑の河原を歩く、近藤勇の墓のある龍源寺の御狩野橋の下をくぐり、東八道路を抜けると野川公園に出る。

2009_04_29__2219

 アメリカンスクールの東側に広がる公園。元はICU(国際基督教大学)のゴルフ場だったというだけあって、芝生が一面に広がりすばらしい公園だ。なんとなくゴルフコースが思い出されるような公園である。広さは約40万㎡もあるこの公園は、ゲンジボタルが生息するほたるの里やわんぱく広場、憩いの広場、武蔵野の森と緑が続いている。

2009_04_29__2124_2

セリバヒエンソウ

 今日は天気が良いので公園を流れる野川は子どもたちで一杯だ。いつもならカワセミが飛び交う野川もカワセミの止まる場所が無い。

2009_04_29__2218

 自然観察園では春の野草が咲き誇っているのでぶらぶらしてみる。木道がきれいに整備され新緑にまぶしい陽の光が心地よい。小鳥達もいなくなり、ヒヨドリとコゲラが元気に飛び回っている。

2009_04_29__2189

 しばし春の野草観察をすることにする。

2009_04_29__2127

 ホウチャクソウ

2009_04_29__2129

 ホタルカズラ

2009_04_29__2130

 ジシバリ

2009_04_29__2135

 オヘビイチゴ

2009_04_29__2143

 タツナミソウ

2009_04_29__2141

 ジュウニヒトエ

2009_04_29__2150

 ケキツネノボタン

2009_04_29__2156

エビネ

2009_04_29__2161

ニリンソウ

2009_04_29__2168

レンゲソウ

2009_04_29__2173

チョウジソウ

2009_04_29__2175_3

クサノオウ

2009_04_29__2122_2

オドリコソウ

2009_04_29__2178

 公園の中を流れる野川の北側は武蔵野段丘の南端にあたり「ハケ」と呼ばれる国分寺崖線に接している。野川はこの崖線に沿って湧き出した水を集めて流れている。自然観察園はよく整備されており野鳥観察、植物観察には最適である。

 春先に咲く花は黄色系が多いがこれは虫を集めやすい色だという。植物も昆虫により交配され子孫を残していく。野鳥たちによって子孫を残す植物もある。これからは生物、動物も繁殖期に入る。生まれてくる新しい生命が希望の持てる、美しい自然環境を大事にする世の中にしたいものだ。

« 小山田緑地を歩く | トップページ | トビの食事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野川公園の花:

« 小山田緑地を歩く | トップページ | トビの食事 »