野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 戸隠の花と鳥 | トップページ | 玉川上水緑道を歩くその一 »

七味温泉野天風呂

 上信越自動車道の須坂・長野東ICをおりて須坂市の蔵通りを抜け、松川渓谷に向かう。あいにくの雨模様であるが水に光る新緑もまたきれいである。山田温泉街を走り五色温泉を右下の渓谷に見て、山田牧場との分岐点を右に松川の河原の方へ進み橋を渡ると七味温泉である。

2009_05_17__3173

 松川渓谷の源流にたたずむ仙境の湯の里、七味温泉は古くから高原の秘湯として親しまれてきた。旅館は4,5軒しかない、橋を渡りすぐ右手の「紅葉館」で日帰り入浴をする。

2009_05_17__3174

 泉質の異なる七つの源泉が湧き出る七味温泉は、標高1,300メートルの高原の避暑地にある。松川の清流が谷間をぬって流れている。雪国の遅い春には新緑の芽吹きがきれいだ。

2009_05_17__3171

 玄関を入ると木細工の作品がたくさん並んでいる。今日は小雨がぱらぱらしているせいかあまりお客さんはいない。入湯料大人一人500円なり。

2009_05_17__3175

 野天風呂からは新緑の松川渓谷が一望できる。お湯は硫黄泉のにおいと白色で体が温まる。源泉70度の含食塩石膏硫化水素泉で、リューマチ、皮膚病、アトピー性皮膚炎、心臓病、胃腸病などに効能があるという。

2009_05_17__3180

2009_05_17__3176

 洞窟温泉、野天風呂というふれ込みだったので期待をしていたが、今日の洞窟風呂は女性の時間帯になっていてはいれなかった。残念である。

2009_05_17__3165

 一時間ぐらいのんびりと湯につかり、信州高山温泉郷を後にした。お上さんの話だと、ここ松川渓谷は紅葉の渓谷日本一になったのだという。確かに紅葉の時期はきれいだと思う。但し道路は一本道なので山田温泉ぐらいまで車が渋滞するといっていた。

2009_05_17__3167

2009_05_17__3163

 今日は入浴している人がいないので、こうしてカメラを持ち込むことができた。紅葉の時期にまた、この温泉に浸かりに来たい。野天風呂からススキの穂、赤、黄色に色づいた木々の葉を見るのもまた風情があっていいと思う。山野草に癒されのんびりとお風呂を楽しみたいものだ。・・・・・と考えながら、コシアブラのてんぷらと山椒の葉の味噌和えをつまみにおいしい酒をいただいている。

« 戸隠の花と鳥 | トップページ | 玉川上水緑道を歩くその一 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七味温泉野天風呂:

« 戸隠の花と鳥 | トップページ | 玉川上水緑道を歩くその一 »