野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 多摩川中洲 | トップページ | 多摩川を上流へ走る »

雨の季節を楽しむ

 朝起きると夕べからの雨がまだ降っている。天気予報によると午後には上がるだろうということなので、せっかくの休みを家にいてももったいないので出かけよう。雨の日だからこそ活きる花がある。季節の花、紫陽花と菖蒲を見に行くことにする。

2009_06_06__3839

 近くの公園に雨具の用意をして出かける。いつも満車の駐車場も一台だけである。たぶん奥の池で釣りをする人の車だと思う。公園内にはまだ人は誰もいない、雨の日に出かける人は誰もいないのだろう。菖蒲畑はまだ少し早いが早咲きのあやめが咲き出している。紫陽花も若木であるが花をつけはじめている。これはあやめかカキツバタだろうか?。咲く時期はカキツバタが早く、あやめ、花しょうぶの順だったと思う。あやめは花びらに網目がはっきりしているので分かり易い、しかし最近は新種の花がおおいので識別はむずかしい。

2009_06_06__3852

2009_06_06__3842

2009_06_06__3849

 雨の露が残る花がきれいだ。蓮の葉に残る雨水が丸くなって光っている。この水玉も、見る角度によって白くきれいに光るときと、そうでないときがある。おおいに水をたのしもう。園内を歩くとウグイスの囀りが大きく聞こえる。東屋の周りでは、ヒヨドリが近くで子育て中らしく、頻繁に餌を運んでいる。近くの畑の野菜の添え木に器用にとまって虫を取っている姿が面白い。

2009_06_06__3894

2009_06_06__4116

2009_06_06__4125

 水車のある池の廻りではシジュウカラ、キセキレイ、カワセミの鳴き声が聞こえる。きれいに整備された木道を歩く。木道は雨にぬれすべり易い、足元注意である。カワセミも奥の池の竹藪の中に、営巣しているらしく忙しく餌を運んでいるようである。チーチーと鳴きながら飛ぶのですぐわかる。

2009_06_06__3876_edited1

2009_06_06__4099

2009_06_06__3982_edited1

2009_06_06__3970_edited1

 奥の池で釣りをしているおじさんが、カワセミの動向を観察しているらしく  「雛鳥がいるみたいだよ・・・」と詳しく教えてくれた。ちょうどカワセミが巣を作りやすい地形になっている。雛が育つとこの池もまたにぎやかになるに違いない。ただ、カワセミは縄張り意識が強いのでどうなりますか、また楽しみである。

2009_06_06__3936_edited1

2009_06_06__4050_edited1

2009_06_06__3848

 朝からの雨も昼ごろには小降りになり、空も明るくなり始めた。公園内を歩く人もちらほら見られるようになってきた。これからの梅雨の季節、雨を楽しむことにより気分転換をしてすごしたいと思う。雨の休日も結構楽しめるものである。

« 多摩川中洲 | トップページ | 多摩川を上流へ走る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の季節を楽しむ:

« 多摩川中洲 | トップページ | 多摩川を上流へ走る »