野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 春日大社    奈良公園を歩く 2 | トップページ | 花の香りに誘われて  多摩グリーンライブセンター »

柿の葉ずし と 菩提もと清酒   奈良の一献

  奈良の名物というと、「奈良漬け」と「柿の葉ずし」 が思い出される。かみさんの推薦もあって、柿の葉ずしの美味しいといわれている、ヤマトの柿の葉ずしを食べる。塩加減がちょうど良く口にあう。 ホテルでも柿の葉寿司を食べてみたが、やはりこのヤマトの柿の葉ずしがいちばんだと思う。

Cd017

  柿の葉ずしの案内にはこう書いてある。『福島県会津地方のコシヒカリ、日本近海で獲れた、選りすぐりの鯖、北海道で水揚げされた紅鮭。ヤマトの柿の葉ずしは、厳選を重ねた素材を保存性に優れた柿の葉で丁寧に手作業で包みます。里山の滋味がふんわりと薫る伝統の技とこころで作り上げた美味なる「ひとつつみ」。』

Cd022

  鯖と紅鮭というシンプルな押し寿司であるが、全国の美味しい産地のものを奈良という古都で食べるのがまたいいのかも知れない。とにかくうまい。

Cd018

 柿の葉ずしヤマトのパンフレットには「味のしおり 一期一会」 と書いてある。私のブログの主旨と同じなのでうれしくなってしまった。

Cd021

  内容を紹介すると次のようである。『 「おかげさまで」 の心を送る大和五條のひとつつみ・・・古くは江戸時代の中ごろから、吉野川や紀ノ川の沿った村々では、夏祭りのごちそうとして今も変わらず愛される、手作りの柿の葉ずしを家族そろって愉しんできました。

  海の幸と柿の葉が織りなす、郷土の味わいはみなの健康を願い、客人たちの笑顔を想う知恵と伝統のひとつつみ。

Cd020

 ヤマトは昔ながらの伝統を守り「おかげさまで」の想いを込めて一つひとつ手作業で作ります。大和路を巡る旅のお土産に、ヤマトの柿の葉ずしをご賞味ください。

  旬の味を詰め込んだ、お弁当や仕出し料理もございます。おもてなし処 「夢宗庵」 では 「一期一会」 を大切にこころづくしのご用意をして皆様をお待ち申しあげております。大和五條が育んだ滋味をどうぞ心よりお愉しみください。』 と書いてある。

Cd019

 

 夜はホテルで食事をとることにしたが、古都、奈良に来たので洋食もないだろうと、和食の会席料理にした。今日は中秋の名月だというので月を気にしながら食事をしていると、お店のマネジャーが、中秋の名月はきれいに見えてますよと教えてくれた。

 冷たい生ビールを一気に飲んだ後、奈良の日本酒を飲もうと銘柄をたずねると、奈良の酒11銘柄を紹介してくれた。中でも名前と辛口ということで 「百楽門」 をたのむ。氷を砕き小さな緑の葉が副えられて冷たくひやされてたお酒が届いた。

_9433

  味わいながら美味しく飲んでいると、マネージャーがサービスですといって他の銘柄を飲ませてくれた。「花巴」 という、これは甘口でかみさん好みであったが美味しい酒である。

_9432

 そして 「菩提もと清酒」 の説明をしてくれた。日本最古の清酒を愉しむ会である。『それは今から約500年前の室町時代に奈良で誕生、毎年正暦寺で造られる。 「菩提もと清酒」  蔵ごとに性格の違いをたのしんで頂きたい。全国ですべての銘柄が飲めるのは当店だけです。』ということであった。

Photo

  「菩提もと清酒」 の全11銘柄は、 「菊司」(きくつかさ)、 「両白」(りょうはく)、 「升平」(しょうへい)、 「花巴}(はなともえ)、 「八咫烏」(やたがらす)、 「百楽門」(ひゃくらくもん)、 「白堤」(ひゃくてい)、 「嬉長」(きちょう)、 「鷹長」(たかちょう)、 「三諸杉」(みもろすぎ)、 「都祁氷室」(つげのひむろ)である。

_9333

  ちょうど、私の誕生日でもあり美味しい料理で、美味しい酒を頂いて古都の風景を愉しみながらひと時をすごした。ほろ酔い気分で外に出て、大きな石に腰をかけて、夜空に輝く月をながめた。

  このために猿沢の池の中秋の名月の催し 「采女まつり」 を見逃してしまったのである。このまぼろしの酒を楽しむ集いは春夏秋冬、年4回開催されるそうである。ぜひ酒飲み友達とまた出かけてみたいと想いながら奈良を後にした。

« 春日大社    奈良公園を歩く 2 | トップページ | 花の香りに誘われて  多摩グリーンライブセンター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の葉ずし と 菩提もと清酒   奈良の一献:

« 春日大社    奈良公園を歩く 2 | トップページ | 花の香りに誘われて  多摩グリーンライブセンター »