野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 月島のもんじゃ   下町を歩く | トップページ | のすり       猛禽類との出会い »

氷のダイヤモンド   寒さのおくりもの

  昨日からの雨が雪に変わり、垣根の緑が少し白くなった。早朝ウォークキングに行くべきか、カーテンを開けると舗装道路のぬれたところは夕べの冷え込みで凍りつき、外灯の明かりに光って見える。_4523

  普段はスニーカーで歩くが、今日は滑り止めをかねた底の厚い靴にする。車の窓ガラスはどの車も凍りついている。用心のいい人は前の日にワイパーを上に跳ね上げたり窓にシートを張っている。

_4456

          枝に水滴が凍りついている

  舗装の無い土の道は霜柱になっている。まだ誰も歩いていないこの道路の霜柱をザクザクとつぶしながら歩く。子供のころにこんな光景があったなーと思い出しながら靴底の感触を楽しみ、公園に向かって続く凍てつく道をハーハーと白い息を吐きながら歩く。

_4458

  落ち葉に霜が降り、白くなった葉の上に靴跡をのこしながら雑木林の中をゆっくりと歩を進める。落ち葉が凍っている下の霜柱が静寂の中でガサゴソと響く、朝食中の鳥たちを驚かさないようにつま先立ちで静かに歩く。

_4460

         

_4462

         春を待つ新芽と氷の水滴

  昨日の雨が、枯れ枝に水滴になって気温の冷え込みで凍りついてぶら下がっている。差込はじめた陽の光にキラキラとひかりダイヤモンドのように輝く。うっすらと上がり始めた靄の中にその光がきれいに映る。

_4463

         

_4465

  早朝の鳥たち、メジロ、エナガ、シジュウカラ、ツグミ、シロハラ、ヤマガラ、コゲラなどがその枝の中を飛び回っている。低い位置からの陽の光は雨にぬれた雑木林に氷のダイヤモンドを作り出す。

_4469

         

_4474

  陽が高くなってしまうと消えてしまう、つかの間の自然のページェントである。しばらくはその幻想的な光景を楽しんで公園の散策路をゆっくりとあるくことが出来た。

_4510

        

_4517

         

_4513

  早朝の鳥たちは食事が忙しいせいか、あまり人影を気にしないで枯葉をほじくり返したり、木の幹に張り付いて忙しそうにくちばしを動かしている。

_4515

         

_4520

        

_4519

         

_4673

  自然のつくり出すこういう光景にはなかなか遭遇する機会は少ないが”早起きは三文の得”というところでしょうか、環境問題、エコとか言われる昨今ですが、いつまでもこういう自然環境を大切にしていきたいものである。

« 月島のもんじゃ   下町を歩く | トップページ | のすり       猛禽類との出会い »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/47574309

この記事へのトラックバック一覧です: 氷のダイヤモンド   寒さのおくりもの:

« 月島のもんじゃ   下町を歩く | トップページ | のすり       猛禽類との出会い »