野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« さくらが満開  乞田川を歩く | トップページ | 移りゆく季節   桜ヶ丘公園 »

夜桜見物   東京デザインセンター

  仕事の関係で五反田の東京デザインセンターで行われた展示会に参加した。デザイン事務所やそれに関係する企業の多く入っているそのビルは五反田駅のすぐ前にある。

Dscn3367

 まず階段を登ると、見上げたうえには大きな白い馬の石像があり、その上にかかるさくらの花がライトアップされてきれいに覆いかぶさっている。

Dscn3374

Dscn3377

  目的の商品はどこにでもあるアルミ製の脚立であるが、著名なデザイナーを使ってインテリア商品としてプロデュースしている。一見アルミ製とは見えない、なかなかのアイデアだと感心する。グッドデザイン賞受賞、ドイツでも同じような受賞をしている。ミラノサローネにも出展するとのことである。私の家のリビングにもちょっと何気なく置いておきたいと思わせる。

Dscn3383

Dscn3376

 展示会場のベランダからは夜空にライトアップされた桜の花が浮き上がってきれいに見える。音楽の生演奏を聞きながら、ワインを片手にインテリアグッズを見て回る。いつもの事ながらほしくなるようないすやテーブルがきれいに展示されている。

Dscn3415

 建物の壁には、ミラーボールの明かりが桜を演出する黒子のように控えめに階段周りを照らしている。

Dscn3440

少し暗くなり始めた空の色と桜の淡いピンク色が年輪をつみ重ねた黒い枝ぶりにきれいに映る。低い枝の部分は満開だが、幹の上のほうはまだ五部咲きぐらいである。

Dscn3442

  また、登ってくるときには気がつかなかったが、階段の床に広がる桜の花びらの光が上階の渡り廊下から見下ろせる。ここでもまた別のきれいな夜桜が見られる。

Dscn3418

Dscn3446

  今年のわが社の新商品もこれをヒントに、何か斬新的なものが出来るといいなと思いながら、新商品の社内公募をしようと決めた。ヒット商品になったら、ミラノサローネご招待などは夢があっていいものだと思う。今年は桜の花をゆっくりと見る機会が多い、きっといい年になる予兆かも知れない。

« さくらが満開  乞田川を歩く | トップページ | 移りゆく季節   桜ヶ丘公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜桜見物   東京デザインセンター:

« さくらが満開  乞田川を歩く | トップページ | 移りゆく季節   桜ヶ丘公園 »