野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 春を告げる花たち  早朝公園を歩く | トップページ | のんびり椰子の葉陰で  ハワイ島を歩く »

新緑のもず    池のある公園を歩く

 久々にカワセミのダイビングでも見ようと近くの池のある公園に行く。池の周りはジョギングコースになっていて、健康志向の老若男女が走っている。いつものカワセミポイントにカメラを設置して、出現を待つ。

2010_04_25__1805

 三十分ぐらい待ってもなかなか来ないので、ストレッチをしながら池の周りをぶらぶら歩いていると、常連の池の管理人のようなおじさんが 「最近はカワセミの姿は見ないよ」 と、声をかけてきた。

2010_04_25__1797

 「前はよく来たけど、ここのところ見たことがない」 というので 「猛禽類に襲われたのかな」 と聞くと、「そうかもしれないよ」 と真実は掴んでいないようである。池ではキンクロハジロのペアーがゆっくりと水面を泳いでいる。もうすぐ旅たつのだろうか。

2010_04_25__1777

              キンクロハジロ (黒♂)

2010_04_25__1778

 カワセミがいないのなら、ほかのカワセミポイントに移動することにした。ここでは池の奥くの方に営巣しているので必ずいるはずであると思いきや、七時半ごろには現地に着いたが、池の周りには何とたくさんの釣り人がいるではないか。これではカワセミもなかなか出てこない。

2010_04_25__1794

 カワセミは釣り人にはあまり警戒心を持たないが、カメラを向ける人間には警戒心が強い。とはいうものの、二十人もの釣り人がいるので私も興ざめをして移動し、公園の小川のほとりで野鳥を待つことにした。

2010_04_25__1819_edited1

              モズ ♂

 早速、緑の葉陰にシメを発見、なかなかいいポジションに来てくれない。じっと待っていたが、そこに小さな子供がトコトコと歩いてきてシメは逃げてしまった。人通りの多いところはこういうことが間々ある。

2010_04_25__1836_edited1

 今度は新緑の葉の陰からモズが飛び出してきて、ちょうど公園の杭の上に止まった。ちょっと逆光気味ではあるがカメラを向けてみる。モズのオスのようである。

2010_04_25__1862

  モズはかえるなどの肉食系で、木の枝からじっと獲物をねらっている。順光でと思って反対側に移動するとモズも一緒に明るい枝の方に飛んだ。

2010_04_25__1832_edited1

  モズをねらっていると足元をガビチョウが横切る。ガビチョウも緑色には良く映る。道路わきにはタンポポの花が咲き、公園の生垣のカナメモチが陽のひかりに赤く光っている。

2010_04_25__1866

                カナメモチ

2010_04_25__1852_edited1

                 ガビチョウ

2010_04_25__1865

  ねらいのカワセミには会えなかったが、モズにであったので 「よし」 として帰宅することにする。今日も一日良い天気になりそうである。

2010_04_24__1756

 端午の節句ももうすぐである、鯉のぼりの家族が、おなかに空気をいっぱい吸い込んで元気に泳いでいる。風かおる五月が待ち遠しい。

« 春を告げる花たち  早朝公園を歩く | トップページ | のんびり椰子の葉陰で  ハワイ島を歩く »

コメント

お世話になっています。
HPの感想いただきありがとうございます。
明日からの連休はまたどこかへいかれるのでしょうね。
私は妻の実家の栃木に行き、天気がよければ日光方面に足を伸ばそうかと思っています。

久々に連続の休みがとれたので、海外の山登りをしてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑のもず    池のある公園を歩く:

« 春を告げる花たち  早朝公園を歩く | トップページ | のんびり椰子の葉陰で  ハワイ島を歩く »