野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 東海道杉並木     箱根杉並木を歩く | トップページ | 久々の鳥見   多摩川中洲の鳥たち »

里親になる  レッドビーシュリンプとの出会い

アクアリュウムを趣味としてずいぶん長いことやっているが、今回レッドビーシュリンプの里親になることになった。家では60cmと30cmの二つの水槽を使っている。

2010_05_23__5350           

           グッピー ♂

現在、リビングに置いている60cmの水槽では、カージナルテトラと、グッピーがたくさん泳ぎまわっている。両方ともかなり長生きである。グッピーはかなり長いので、近親交配が重なり突然きれいなものや変ったものが生まれるが、そろそろ新しい血を入れようと別のものを入れた。

2010_05_23__5368

カージナルテトラは子供のころから比べるとかなり大きくなって、昔のあの小さなかわいさは最近なくなってきている。グッピーと同居させているので、子供はなかなか増えないが長いこと生きている。

2010_05_23__5382

                      レッドビーシュリンプ

30cm水槽は玄関先においてあり、水草だけで楽しんでいる。この度、会社の知人からレッドビーシュリンプの里親を募集してますという話があったので、手をあげてやってみることにした。

2010_05_23__5386_2

2010_05_23__5402

近年、この種のアクアリストが多いと聞いているが、まだ結構価格が高いので考えているところであった。レッドビーシュリンプは、水温と、水質と餌などに敏感でデリケートだと聞いている。

2010_05_23__5414

早速、資料を借りて通勤の電車の中で勉強することにした。いろいろな種類があり、また、繁殖力が強く、きれいな模様の個体は価格もたかいようである。資料を読むにつれ、難しそうではあるが繁殖させて楽しんでいる人が多いので、頑張ってやってみようと決心した。

2010_05_23__5452_2

水草の水槽に入れることにして、知人から飼育方法を教えてもらったり約一ヵ月間をインフラ整備に掛けて準備をした。水質、水温、水草を用意して環境を整えて、連休明けに里子を連れてきた。

2010_05_23__5511

2010_05_23__5460

約、半月たつが最初は、草の陰にいたり、流木の下に隠れたりしていたが、最近は元気にいろいろなところを歩きまわるようになってきた。かみさんが餌をあげたり、照明をつけたり、よく面倒を見てくれる。

2010_05_23__5518

2010_05_23__5469

みていると、なかなかかわいい、背中のマークが日の丸であったり、進入禁止であったり、いろいろな模様がある。背中に二個の点があるのが”麻呂”といって位が高いらしい。繁殖することによって、さらに新しい模様ができることを楽しみに育てている。

2010_05_23__5481

2010_05_23__5473

温度に敏感だということで、今年の夏が初体験になるので、なんとかうまく乗り切って軌道に乗せたいと思う。いろいろなペットの飼育が盛んであるが、アクアリュウムだと、長い留守でも結構対応できるので、私のように出歩くことが好きな人間でも扱うことができるので安心である。

2010_05_23__5508

2010_05_23__5490

2010_05_23__5528_2

ベランダ越しの緑、室内のきれいな魚たちを見ていると気持ちが癒されることが多い。昨今の児童虐待や尊属殺人などのニュースが多い世の中であるが、このレッドビーシュリンプの里親をしっかりと努め、さらに、赤ちゃんが生まれたら楽しいだろうと思いをはせながら面倒を見ている。

« 東海道杉並木     箱根杉並木を歩く | トップページ | 久々の鳥見   多摩川中洲の鳥たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里親になる  レッドビーシュリンプとの出会い:

« 東海道杉並木     箱根杉並木を歩く | トップページ | 久々の鳥見   多摩川中洲の鳥たち »