野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 朝焼けの空  サッカー決勝トーナメントへ | トップページ | アヤメ     泉の森を歩く »

アジサイ   梅雨の晴れ間の泉の森

鳥見を切り上げて、公園内をぶらぶらする。アヤメやアジサイがきれいな花を咲かせているが雨にあう花は、アヤメかアジサイである。

2010_06_19__6633

花の色は、土壌の酸性度、アルミニュムイオン量、さらに開花からの日数によってさまざまに変化するので七変化と呼ばれている。

一般的に、土壌が酸性ならば青、アルカリ性ならば赤といわれているが、通勤途中のアジサイはとなり同士で色が違うので一概には言えないのかも知れない。

2010_06_19__6634

ただ、はじめは青かった花も、咲き終わりに近づくと赤みがかっていくとも言われている。アジサイの花の規模では、今まで見た中で伊豆の下田公園のアジサイはすごい。アジサイの木も年季がはいっているので大きくて見ごたえがある。

2010_06_19__6635

花の種類も多くこの季節は目を楽しませてくれる。花の種類の多さでは高幡不動尊のアジサイが見ごたえがある。山を一回りするといろいろなアジサイにであえる。

機材を引き上げたあと、池の止まり木にカワセミがペアーでやってきて、オスが盛んにメスに対してラブコールを送っている。600mmは片付けてしまったので手持ちの280mmズームで覗いて見る。

2010_06_19__6367

           トンボとカワセミ

となりのおじさんの話によると、朝方はカワセミの交尾シーンが撮れたんだとよろこんでいた。今回もカメラマンはそれを期待して待っているようであるがメスにその気がない。

2010_06_19__6636

アジサイもカワセミもブルーのきれいな色をしているが、アジサイには毒性もあるといわれる。「きれいな花には毒がある」といわれるが、ここからきているのだろうか、きれいな花は眺めるだけにすることにしよう。

« 朝焼けの空  サッカー決勝トーナメントへ | トップページ | アヤメ     泉の森を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジサイ   梅雨の晴れ間の泉の森:

« 朝焼けの空  サッカー決勝トーナメントへ | トップページ | アヤメ     泉の森を歩く »