野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 松代城     松代を歩く | トップページ | アルプス大パノラマ  菅平高原を歩く »

歴史的建造物の街  松代を歩く

千曲川の東側を走る単線の長野電鉄線がある。川の東を走るので「河東線」と呼ばれているが、今その存続が地域の大きな問題になっている。

2010_07_18__7860

2010_07_18__7865

車社会の地方にあり、少子高齢化も進む中で車に乗らない人にとっては無くてはならない交通手段である。ぜひ存続させたいものである。

2010_07_18__7813

2010_07_18__7814

その河東線沿いに松代という旧城下町がある。古い松代駅を降りると碁盤の目のようになった江戸時代の道路網や、地割、町割りが残されており、武家屋敷地域には伝統的な環境が保全されている。

2010_07_18__7815

2010_07_18__7818

聞くところによると、「歴史まちづくり法」の適用によって江戸時代から昭和にかけての歴史建造物や歴史的遺産を保全しているとのことである。

2010_07_18__7821

松代には江戸時代に整備された水路網が今日まで良く伝わっている。町の中にはかならず水路があり豊富な水が流れている。

2010_07_18__7817

個人の庭の池から次のお宅の池につながる水路網(泉水路)は国の登録記念物として登録され貴重な文化遺産となっている。

2010_07_18__7827

まちの中には市営の無料駐車場も整備されており、ゆっくりと足で歩くのがいちばんよさそうである。昔の街並みを重視しているので道路は狭い、歩いたほうがいろいろなところを自由に見ることが出来る。

2010_07_18__7828

「村おこし、町おこし」でいろいろ行われているが、地元だけではなかなかうまくいかないのが現状ではないだろうか、行政や住民だけでなく民間企業などの活力を活用することによって大きく発展することを期待したい。

« 松代城     松代を歩く | トップページ | アルプス大パノラマ  菅平高原を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的建造物の街  松代を歩く:

« 松代城     松代を歩く | トップページ | アルプス大パノラマ  菅平高原を歩く »