野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 弁天島の大太鼓祭り   浜名湖を歩く | トップページ | 大温室と大噴水  浜松フラワーパークを歩く »

弁天島温泉の鳥居  雨の弁天島海浜公園

弁天島は静岡県浜松市西区舞阪町の浜名湖にある島である、というのが真実のようである。もともと弁天島は弁天島(西野)、西之島裏、東郷島、カラス弁天(現在2番鉄橋の西側、新幹線の下)の4島で出来ていたらしい。

2010_06_27__6724

ちょうど太平洋と浜名湖の河口になっている部分である。地図で見るとこの狭いところに、新幹線と東海道本線、国道1号線が並んで走っている。浜名湖から来ると水面より低いところ、東海道線の駅の下をくぐったところに国道1号線があり、この辺一体を「弁天島温泉」といっている。

2010_06_27__6742

この地域は歴史的にはかなり古く、人が住み始めたのは縄文中期以降といわれている。永い歴史の中で、地震や暴風雨、津波などで孤島になったり海岸線の移動があったりと地籍問題はかなりあったようである。

2010_06_27__6741

風景を見ても浜名湖の中に孤島があり、そこには個人の家と思われる建物が土地いっぱいに建っている。橋が渡っているがちょっと見たところは個人所有のようにもみえる。かなりの自然条件の厳しい中での生活があったように思える。

2010_06_27__6738

弁天島駅の前にはホテルなどが立ち並び、その南側は弁天島海浜公園になっている。海中に立つ赤い鳥居は、一見、安芸の宮島のそれを思わせるようにたっている。「弁天島温泉花火大会」はここで行われると聞く。

2010_06_27__6732

あいにくの曇り空ではあるが海中に大きくたつ鳥居の背景に、浜名バイパスが鳥居を引き立てるように走っている。ここでの花火はたぶんどこからも見られるので天気次第ということになる。この赤鳥居の手前にはナイアガラが仕掛けられるというから楽しみである。

2010_06_27__6745

小雨の中をぶらぶらしてみたが、人口の砂浜があったり遊覧船が出たりと、石段に座って海を眺めていると、ちょっと見はどこかリゾート地の雰囲気がある。

2010_06_27__6729_2

人口は3000人ぐらいだと聞いているが、花火大会の時にはすごい人出になるのだろうと思う。静岡県内ではいろいろな花火があるが、どれも県民気質が現れている勇壮なものばかりである。学生のころ新居の手筒花火は実際にやらせてもらった、今では危険なので一般の人は出来ないらしいが、次回はぜひこの花火大会に照準を合わせてこの地に来たいものだと思う。

« 弁天島の大太鼓祭り   浜名湖を歩く | トップページ | 大温室と大噴水  浜松フラワーパークを歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁天島温泉の鳥居  雨の弁天島海浜公園:

« 弁天島の大太鼓祭り   浜名湖を歩く | トップページ | 大温室と大噴水  浜松フラワーパークを歩く »