野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トンボとアゲハチョウ  懐かしい思い出 | トップページ | よみうりV通り    よみうりランドを歩く »

穴沢天神社  よみうりランド駅を歩く

通勤で京王電鉄に乗っていると気になる鳥居が車窓に見える。急行電車は通過駅なのでなかなか降りてみる機会がない。猛暑の休日、家にいても暑いので思い切って外に出てみようと各駅停車に乗ってよみうりランド駅に降りてみることにした。

2010_07_31__8046

改札を出て線路沿いに歩くと三沢川に出る。川沿いに右に曲がると鳥居があり、急な石段がある、こんもりとした木々に覆われているので涼しく感じる。一段一段上ってみると74段あるが、上りきったところは穴沢天神社本殿への参道になっている。

2010_07_31__8052

社頭掲示板の説明によると『当社の主祭神は、少彦名大神を御祀り下社である。創立は孝安天皇4年3月で、後に元禄7年社殿を改修し、菅原道真公を合祀する。

2010_07_31__7997

例大祭は毎年8月25日で、当日は神職山本家に伝わる、武蔵流の指定文化財、江戸の里神楽が奉奏され、また、三頭の獅子を天狗により、神社入り口の石段を、舞いながら勇壮にに登る、市指定の獅子舞が奉納される。

2010_07_31__7998_2

境内には江戸時代の終わりごろに、筆学を業とした原田金陵の功績をたたえて建てられた、市指定文化財の筆塚がある。現在の社殿は昭和61年12月に修復した。』と書かれている。

2010_07_31__7999

                 手水所

境内から下へ降りる急な階段があり、下には弁天社がありそこに二つの洞窟がある。洞窟の中に小さな石祠があり、そのとなりには神水が沸いている。柄杓ですくって飲むと冷たくて美味しい、しばらくするとペットボトルやポリタンクを持った人たちで水汲みの行列が出来た。

2010_07_31__8009

2010_07_31__8002

近所の人たちはこの水を持ち帰って飲料水にしているようである。この神水を飲みながら三沢川を眺めているとカワセミの鳴き声が聞え、近くで営巣しているらしく出入りが多く、また幼鳥の鳴き声も聞こえる。

2010_07_31__8010

            御神水

この横穴巌洞は昔の巌穴は崩れ、現在の洞穴は二度目であると言われているがこれがすなわち穴澤の起源であるらしい。中に入ってみると真っ暗であるが天井から水が落ち、猛暑の中では涼を楽しむことが出来る。

2010_07_31__8005

2010_07_31__8003

                  石祠

2010_07_31__8049

8月25日の祭礼に奉納される獅子舞は、この神社の石段を舞いながら登るという。説明だけ聞いていてもかなりの勇壮な舞を想像できる。ぜひその祭礼には再び来てみたいものだと思う。

« トンボとアゲハチョウ  懐かしい思い出 | トップページ | よみうりV通り    よみうりランドを歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穴沢天神社  よみうりランド駅を歩く:

« トンボとアゲハチョウ  懐かしい思い出 | トップページ | よみうりV通り    よみうりランドを歩く »