野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トルコ料理とベリーダンス   青山・外苑 | トップページ | 上海   バンド地域の朝 »

終戦記念日のハス   小山田を歩く

毎日猛暑の連続である。熱帯夜に悩まされ早朝に目が覚めてしまう、早起きして、もう遅いだろうハスの花を見に行く。

2010_08_13__8211

2010_08_13__8230

ほとんどの花は咲き終えて実をつけ始めている。ハスの葉にたまった夜露の水玉に濡れながらハスの田んぼのあぜ道を歩く。

2010_08_13__8290

終戦記念日で戦争にまつわるドラマ、映画など特集番組が多く放映されている。学徒動員で戦場に行く学生と徴兵検査に合格できずに残る学生のドラマが印象に残った。

2010_08_13__8253

戦場へ徴兵された子の母親が、「私がもっと勉強していれば子供を戦場へ行かさなくてよかったのかしら」と子供の親友に聞いていた。

2010_08_13__8215

その同級生は「私たちは戦争に行き戦場で死ぬことを勉強してました。勉強してないのは国です」と涙ながらに答えていた。

2010_08_13__8289

第一次世界大戦で戦勝国側についていた日本は、軍部の独走で太平洋戦争へと突き進んでいく。本当は終戦記念日ではなく、敗戦記念日である。

2010_08_13__8258

世界で唯一の被爆国である日本は、非核三原則を守り核廃絶を訴えていくべきである。65年の歳月が立っても核保有の戦争抑止力を掲げている核保有国が増えている中で、日本のとるべき行動は重要になってくる。

2010_08_13__8301

ハスの花もまだつぼみでこれから咲くもの、今が盛りできれいに花ひらいているもの、もう実をてけて後世へ受け継ぐもの、それぞれのハス田の風景である。

2010_08_13__8263

戦争を知らない世代ではあるが後世に語り継がなければならない。ハスにまつわる言葉で「一蓮托生」という言葉がある。

2010_08_13__8277

広辞苑で調べてみると、「死後、ともに極楽に往生して、同一の蓮華に身を託すること。善くても悪くても行動・運命をともにすること。」とある。

2010_08_13__8303

日本における戦争という過ちを二度と起こさないように、残された我々はこの悲劇を忘れないで世界平和を訴え続けて行かなければならない。

« トルコ料理とベリーダンス   青山・外苑 | トップページ | 上海   バンド地域の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日のハス   小山田を歩く:

« トルコ料理とベリーダンス   青山・外苑 | トップページ | 上海   バンド地域の朝 »