野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 上海   バンド地域の朝 | トップページ | 上海 Ⅲ   黄浦江の夜景 »

上海Ⅱ   青空の黄浦江

毎日の暑さにぐったりしているところ、昨日の夕立のせいか今朝は珍しく青空が見える。ホテルの窓にも日が当たり早く起きろと言わんばかりである。

2010_08_19__8520

             黄浦江と青空

早速今日も早朝ウォーキング、青空目指して一路福州路を黄浦江に向かう。早朝の道路なので信号はけっこう無法地帯に等しい。日本でもそういう場面はあるが、ここでは公安のビルの前でもそうである。

2010_08_19__8522

いつも早朝なので、店舗はほとんどシャッターを下ろしている、ディスカウントの正札は安い。日本で言えば昔ながらの筆屋、石のハンコ屋、ガラスの置物屋さんなどが目立つ。お土産には手ごろかも知れないが、昨今すずりで墨をすり文章を書く人は少なくなっている。

2010_08_19__8536

            商店のシャッターはまだ閉まっている

10分ほど歩くと中山東一路に出る、その先が公園になっており黄浦江が流れている。早朝からのまぶしい太陽に汗もびっしょりであるが、昨日よりはすごし易い。

2010_08_19__8529

            対岸の浦東地区

すでに観光客で大賑わいのバンド地域である。こちらの観光の人たちは朝が早いので驚く。

2010_08_19__8527

ここからは入場料45元を払うと、川の下をくぐるトンネルを通り反対側の浦東地区の上海TV塔や森ビルの上海金融センターのほうへ出ることが出来る。残念ながら今日も仕事があるので引き返さざるを得ない。

2010_08_19__8530

青空に聳え立つTV塔はまたきれいに映る。1800年代英国統治の頃の建物も朝陽に映えどっしりとたっている。ここには中国最古のホテルもあり、現在も改装されて使われていると聞く。

2010_08_19__8525

この通りにある古い建物はほとんどが、今では公共の建物になっているようでどの建物にも中国国旗が風になびいている。

2010_08_19__8532

              1904年のホテル(中央)

上海での久々の青空を楽しんだ本日の早朝ウォーキングである。すでに何台もの観光バスが乗りつけ、ガイドの大きな声が響く。中国語はどちらかと言うと語調が怒鳴っているように聞こえる。

2010_08_17__8809

2010_08_19__8533

                陳 毅(1901~1972年)

(中国の軍人で政治家、外交官、日本との国交正常化に取り組んだ。)

今日はいい天気なので何かいいことがありそうな気がする。楽しみに仕事に向かう。

« 上海   バンド地域の朝 | トップページ | 上海 Ⅲ   黄浦江の夜景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海Ⅱ   青空の黄浦江:

« 上海   バンド地域の朝 | トップページ | 上海 Ⅲ   黄浦江の夜景 »