野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 蒼サギ  久々の多摩川 | トップページ | コサメビタキ  公園の水場 »

「カワセミ   近くの池を歩く

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれているが、本当にあの八月の暑さはどこに行ったしまったのか、9月の20日前後から朝晩は本当に過ごしやすくなってきた。

2010_09_20__9640

           突進するカルガモ

夜になると秋の虫の鳴き声が蝉の鳴き声にとって替わってきている。季節は間違いなく秋になり、時間は刻々と進んでいる。渡りの鳥たちも動き出し、山から里へとそろそろ下りてくる季節である。

2010_09_20__9539_edited1

          カワセミ ♂

かみさんがジムで汗を流してくるというので車で送っていく、その帰りに、いつも早朝のウォーキングコースのひとつである近くの公園の池をのぞいてみることにした。池の周りの周遊道路ではジョギングの人、連れ立って歩くウォーキングの人たちがたくさんいる。

2010_09_20__9549_edited1

池の水際に腰を下ろして池を眺めていると、カルガモたちが近寄ってくる。この池では餌付けをしているらしく、人が来るとハトとカルガモがいっせいに集まってくる。

2010_09_20__9609_edited1

これから、この池には冬鳥たちが北の方からやってくる。けっこう珍しいカモたちが来ることもあるので楽しみな公園である。今は留鳥のカルガモだけである。

2010_09_20__9595_edited1

          いざ出陣

天気がいいのでベンチでのんびりしていると「チーッ」「チーッ」と鳴きながらカワセミが飛んできて、池の土手に都合よく突き出た木の枝にとまった。

2010_09_20__9611_edited1

          池の中のオイカワ(小魚)を目指して

対岸なので池の周りを歩いてかわせみの止まっているところまで歩いていく。今日は鳥見をしている人はいないのでゆっくりと観察することが出来る。ここは比較的いいところにとまってくれるのと、人になれているのか、いいアングルで写真を撮ることが出来る。

2010_09_20__9612

私の場合はそこに一日中いて写真を撮るタイプではないので、自分の思いついたときに出かけて、タイミングよくいれば2~3時間待つぐらいで、そのときそのときのタイミングでカメラに収めている。

2010_09_20__9613

           ステルス並み?

カワセミは漢字では翡翠(ヒスイ)と書く。「渓流の宝石」とも言われきれいな色をしている。特に両翼の間から覗く背中の水色は鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見える。

2010_09_20__9614

体長は17cmほどで、スズメくらいの大きさ。嘴が長く、頭が大きく、首、尾、足は短い。人間にすると不恰好な体型になる。嘴は黒いが、メスは下の嘴が赤いので雌雄の区別はここでできる。

2010_09_20__9621

鳥の世界はほとんどそうであるが、やはりオスのほうが色鮮やかできれいである。また、頭は鱗のような模様があり、背中は青く胸と腹は橙色である。

2010_09_20__9626_edited1

採餌するときは水辺の石や木の枝から水中に飛び込んで、魚類や水生昆虫を嘴で捕らえる。捕獲後は石や枝に戻りくわえなおして、木や石にぶつけて弱らせて頭から飲み込む。2010_09_20__9618_edited1

           はいポーズ

ちょうど良いところにとまっているので、木の陰から行動が良く見える。夢中で観察していると何時の間にか数人のカメラを持った人たちが集まってきて、カワセミは別の方向に飛んでいってしまった。「渓流の宝石」に魅せられて鳥見をはじめ十数年になるが、飽きることのないきれいな可愛い鳥である。

« 蒼サギ  久々の多摩川 | トップページ | コサメビタキ  公園の水場 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/49526602

この記事へのトラックバック一覧です: 「カワセミ   近くの池を歩く:

« 蒼サギ  久々の多摩川 | トップページ | コサメビタキ  公園の水場 »