野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« マンションブームの上海  富裕層の世界 | トップページ | ナイトクルーズ  横浜港大さん橋から »

横浜公園  夕暮れの横浜港を歩く

連日の猛暑で気象台の観測が始まって以来の記録だと言われている。真夏日が113日だとか。それにしても今年の暑さは例年とは違う。明らかに地球温暖化がすすんでいると言える。

2010_08_14__8310

           横浜市開港記念会館

息子がやっと結婚の決意を固めてその準備をしているので、最近は今までより頻繁に会うことが多い。心境の変化かお相手の影響か、横浜港のレストラン船のチケットをプレゼントしてくれたのでありがたく頂き、海を眺めながら暑さを吹き飛ばそうと横浜に出かけた。

2010_08_14__8314

            旧県庁

最近の横浜は、みなとみらい線が出来て横浜港へのアクセスが便利になった。日本大通駅を出ると県庁や横浜市開港記念会館の歴史のある建物の前にでる。

2010_08_14__8315

           赤レンガ倉庫

この建物は説明によると『横浜市開港記念会館は開港50周年を記念して、大正3年(1914)9月に着工され、大正6年7月1日の開港記念日に「開港記念横浜会館」として会館しました。・・・・・・』とある。大正12年の関東大震災では一部が焼失したが復旧工事を行い創建時の姿に復元されている。

2010_08_14__8317

           大桟橋入り口の雑貨や

雰囲気のある夕暮れの港は人が多い。赤レンガパークから横浜大桟橋へとのんびりと港風景を楽しむ。みなとみらいの高層ビルの夜景が日が落ちるにしたがってきれいに映えてくる。

2010_08_14__8319

           大桟橋からみなとみらい

海に突き出た「象の鼻」からの夜景は、観覧車の点滅する光とヨットの帆の形をしたホテルのライトアップが水面に落ちる光の影とともにきれいだ。

象の鼻とは『1859年(安政6年)東波止場(イギリス波止場)と西波止場(税関波止場)の2本の突堤が幕府によって建設され、横浜港が開港した。

2010_08_14__8322

            象の鼻からみなとみらい

1867年(慶応3年)東波止場が弓なりに湾曲した形に築造され、その形状から象の鼻と呼ばれるようになる。

1896年(明治29年)イギリス人技師パーマーの設計により東波止場の先端に大桟橋が築造され、西波止場の背面が埋め立てられる。

2010_08_14__8333

           象の鼻からみなとみらい

1923年(大正12年)関東大震災により被災。その後、象の鼻波止場(東波止場)は直線に近い形状で復旧する。2009年(平成21年)横浜開港150周年を記念して、象の鼻波止場が明治中期頃の形状に復元され、「象の鼻パーク」として開園した。』と説明されている。

2010_08_14__8404

           県庁方面のライトアップ

海のない県に生まれたこともあり、海の見える風景が好きだ。潮の匂いと白い波しぶき、この海が遠く外国にまで繋がっていると連想するだけで異国の風景を思いわくわくする。のんびりと歩く横浜港の夕暮れは、日ごろのストレスを一気に解消してくれる清涼剤のように感じる。

« マンションブームの上海  富裕層の世界 | トップページ | ナイトクルーズ  横浜港大さん橋から »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/49331638

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜公園  夕暮れの横浜港を歩く:

« マンションブームの上海  富裕層の世界 | トップページ | ナイトクルーズ  横浜港大さん橋から »