野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く | トップページ | 江戸東京たてもの園 小金井公園を歩く »

札幌の秋  北大構内を歩く

冬型の気圧配置になると関東は晴天、雪国は雨か雪である。いつもよりやや暖かめの朝、東京ではまだ、コート姿のサラリーマンを多く見かけない早朝の電車で、新装なった羽田空港から札幌への飛行機に乗る。

2010_11_04__2566

定刻に離陸した飛行機は一気に厚い雲間を急上昇する。水平飛行に移ると眼下に見える雪雲の上は一面の青空である。約一時間半の雲の上の旅を楽しむ。

2010_11_05__2549

2010_11_05__2460

空港に降りると、すがすがしい空気と山の頂に見える雪、紅葉した樹木が北国への訪問を歓迎しているようである。

2010_11_05__2457

              サクシュコトニ川に映る紅葉

2010_11_05__2553

北国の夜明けも六時半を過ぎないとまだ暗い。薄日が射し始めた早朝、紅葉がきれいな北大の構内を散歩することにした。

2010_11_05__2467

昨夜の酒もすっかり抜け、ほほに当たる冷気が心地良く感じる。北大の正面入り口には今年度ノーベル賞受賞の鈴木章名誉教授を祝福する垂れ幕が飾られている。

2010_11_05__2468

まだ人影の少ない早朝の構内は色づき始めている広葉樹と緑の針葉樹のコントラストがみごとである。道路に落ちた色とりどりの葉の上を、運動部選手と思われる数人の学生たちが駆け抜ける。

2010_11_05__2469

赤と黄色の葉がみごとである。まだ明りが灯っている外灯が、煉瓦の建物に生えているツタの紅葉をバックに光っている。まさに夜明けのガス灯という雰囲気である。

2010_11_05__2472

構内をのんびりと歩いていると、正面に頂に雪をかぶった山が見えてくる。手稲山だろうか、これも後一カ月もすると真っ白な雪景色に変わってしまうのだろう。

2010_11_05__2471

右手に、新渡戸稲造の胸像がある。北大は札幌農学校を前身とするが、札幌農学校と言えばクラーク博士である。あの有名な言葉、「青年よ大志を抱け」 である。

2010_11_05__2496

           新渡戸稲造 像

2010_11_05__2539

クラーク博士が札幌に来たのは1876年(明治九年)で、その在任期間はわずか一年足らずであったが、そのキリスト教的フロンティア精神は、新渡戸稲造や内村鑑三らに受け継がれ、今なお若者の胸の中に生きている。

2010_11_05__2476

                  ポプラ並木

早朝に、構内でランニングをしている若者の姿にそんな雰囲気を感じ、今の自分があの時の時間に戻れたらなあと考える、エルムの大樹を見上げながら北海道開拓当時の光景を想像して新しい夢に向かう若者を見る。

2010_11_05__2507

2010_11_05__2508

第一農場の手前に来ると、あの有名なポプラ並木が見えてくる。北大ポプラ並木については、次のように説明がある。『ポプラが北アメリカから北海道に入ったのは明治の中ごろで、主に牧場の境界線として植えられた。

2010_11_05__2482

2010_11_05__2500

       農学部肉製品製造実習室 1937年(昭和12年)築

この並木は、明治45年(1912年)に札幌農学校の林学科の学生たちにより農場内に植えられたものである。現在では、北海道を代表する牧歌的風景として全国に知られている。』と。

2010_11_05__2523

                 鏡面のような川

2010_11_05__2524

2010_11_05__2550

枯れたススキの穂の上に高くそびえるポプラ並木は異国情緒を感じさせる。札幌は歴史が新しいだけに近代的なビルが立ち並ぶ美しい都市ではあるが、この構内を歩くと緑の木々の間にきれいな紅葉をみて、すがすがしい空気に触れ、北大の歴史を物語る建物を見ることで開拓精神によって生み出された新しい夢を感じるのである。

« ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く | トップページ | 江戸東京たてもの園 小金井公園を歩く »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

本当に綺麗ですね。綺麗風景と綺麗な撮影。行きたい!

これから京都などの紅葉が本格的になります。ぜひ日本に来てカメラに納めて帰ってください。
そちらも紅葉はきれいになるのでしょうね。

紅葉の名所がいくつかありますが、見るチャンスがなかなかないです。近くに楓樹湾というところもありますが、あまり赤くない、種類が違うようです。(カナダの国旗)のような形。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/49963354

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の秋  北大構内を歩く:

« ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く | トップページ | 江戸東京たてもの園 小金井公園を歩く »