野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 夕方の多摩川  久々のMTB | トップページ | メタセコイア通り   多摩の鶴牧を歩く »

太閤さんのお城  大阪城公園を歩く

大阪の夜明けは遅い、六時半に目が覚めても外はまだ暗く外灯の灯りがまぶしく光っている。今頃が一番日の短いときなのだろう。

Dscn4671_2

                         一番櫓 南外堀

早朝散歩は大阪城公園を歩いてみることにする。大阪城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れていた。

Dscn4717_2

           千貫櫓

大阪城は、安土桃山時代に上町台地のほぼ北端、石山本願寺の跡地に1583年(天正11年)、豊臣秀吉が築城を開始した城である。

Dscn4675_2

           大手門

地下鉄谷町四丁目駅で降り、谷四交差点から近代的な高層ビルのNHK大阪放送局と大阪歴史博物館の前を通り、大阪城のお濠を見ながら大手門へのスロープを登る。

Dscn4716_2

                大手門から大阪NHK

鏡面のようなお濠の水面に堅牢な石垣の姿を映す一番櫓の下には、鴨が静かに泳いで水面にきれいな円い波紋を残している。

Dscn4676_2

           多聞櫓

江戸時代、1614年(慶長19年)に大阪冬の陣で外堀を埋められ、大阪城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。

Dscn4677_2

                 石垣

伏見城から大阪城へ移った秀頼は、濠の再建を試みたために家康との講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4ヶ月後の1615年(慶長20年)、大阪夏の陣で大阪城は落城し、豊臣家は滅亡した。

Dscn4678_2

そんな歴史を思い出しながら、大手門から桜門へと歩くが見事な石垣である。江戸時代の石垣石は、瀬戸内海の島々(小豆島、犬島、北木島など)や兵庫県の六甲山系(徳川大阪城東六甲採石場)の石切丁場から採石されたといわれている。

Dscn4682_2

           見事な石垣

また、遠くは福岡県行橋市沓尾からも採石された。石垣石には、大名の所有権を明示するためや作業目的など多様な目的で刻印が打刻されている。

Dscn4679_2

           内濠

桜門が見えてくると水がなくなって雑草が生い茂る内濠が見えるが、やはり濠には満々と水が湛えられている風景がお城には似合う。当時家康の大軍に攻められた秀頼の苦戦の光景が目に浮かぶようである。

Dscn4683_2

           大銀杏から天守閣

天守閣が見える広場に来ると、右手に旧第四師団司令部の建物が見えてくる。黄金色に輝くいちょうの葉をつけた大木の近くに、菊で作られた築山がある。「太閤おろしの滝」とある。

Dscn4686_2

          太閤おろしの滝

『この滝の滝名は太閤秀吉が会津討伐の帰り、ここにさしかかり、この滝の美しさのあまり、馬をおりて見入ったことに由来しているとのことで、二段にわたる美しい滝である。・・・栃木県日光市鬼怒川支流野沢川本流瀑』

Dscn4691_2

                  広場より天守閣

江戸末期、慶応3年12月9日(1868年1月3日)に発せられた王政復古の大号令の後、二条城から追われた前将軍徳川慶喜が大阪に移り、居城していたが、慶応4年1月3日(1868年1月27日)旧幕府軍の鳥羽・伏見の戦いでの敗北によって慶喜は船で江戸へ退却し、大阪城は新政府軍に明け渡された。

Dscn4703_2

                天守閣(南西面)

大阪城は、姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えれているが、天守閣は豊臣初代天守と徳川大阪城、復興の天守閣と改修が行われ変遷している。しかし、現在の天守閣も徳川時代の風の白漆喰壁と五層目の豊臣時代風の黒漆に金箔で虎や鶴の絵を描いている。

Dscn4695_2

           紅葉の外濠

大河ドラマ「龍馬伝」も残すところ二回となってきたが、日本の夜明けといわれる幕末の大きく時代が動く歴史がここにもあったのかと思うと、早朝の散歩も感慨深いものがある。

« 夕方の多摩川  久々のMTB | トップページ | メタセコイア通り   多摩の鶴牧を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太閤さんのお城  大阪城公園を歩く:

« 夕方の多摩川  久々のMTB | トップページ | メタセコイア通り   多摩の鶴牧を歩く »