野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハロウィンを愉しむ 多摩センターを歩く | トップページ | ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く »

ミサゴとカラス  たま川合流点

11月に入り陽が短くなり日の出は6:05分、日の入りは4:44分になり季節は着実に進んでいる。読書の秋と言うが本当に夜が長く持て余してしまいそうである。

2010_10_31__2083_edited1

           多摩川土手より都庁、スカイツリー

早朝から多摩川の土手に行ってみる。多摩川は正式には「たま川」、これが河川の名称である。多摩川は単なる地名で河川名ではない。

2010_10_31__2082_edited1

先日来の雨で川の流れが大きく変わっている。夏場の水の少ないときは楽に中洲まで歩いていけるのに、今日は河原の踏み跡はすでに水没して、勢いの良い水の流れの下になっている。

2010_10_31__2109_edited1

           証拠写真程度のミサゴ

合流点の土手に三脚をセットして空を眺める。周りを双眼鏡でぐるっと眺めると、遠く新宿の都庁の建物の真ん中に東京スカイツリーの頭が見える。一番上に立っている二本のタワークレーンが両側に手をあげてばんざいをしているように見える。

2010_10_31__2127_edited1

           カラスがちょっかいを出している

10月30日現在の高さは497mまで上がったようである。完成時の634mまでは、あと百数十m、多摩川からも見えるようになってきた。完成すると見事なタワーになるのだろうと思う。

2010_10_31__2129_edited1

最近東京スカイツリーの公式キャラクターがきまったようである。名前は「ソラカラちゃん」生まれは宇宙にある「とんがり星」、黄色の星の形をした髪型で望遠鏡を持っている。ある日空から東京スカイツリーに降り立ったと言われている。

2010_10_31__2130_edited1

建築中から人気のある東京スカイツリー、「ソラカラちゃん」の登場でさらに多くのニュースを送りだしてくれるくれることだろう。楽しみである。

2010_10_31__2154_edited1

           逃げるミサゴと追うカラス

さらに、双眼鏡で切りたった崖の森の方を見ると、大きな木の枝に白い胸元が目立つ鳥の姿が見える。ミサゴのようである。

2010_10_31__2164_edited1

しばらくじっとしていたが、カラスの鳴き声がにぎやかになると飛び出した。カラスとのバトルである。カラスは二羽でちょっかいを出している。

2010_10_31__2174

何となく見ていると、ちょうど大人が子供をからかいながら遊んでいるような光景である。ミサゴも魚類を中心に捕食する鳥であるが、カラスもその対象になるといわれているので心配だ。最近の研究発表ではカラスは人間の男女を見分けられるという、弱いと見た者には攻撃するらしい。ますます進化するカラスでもある。

2010_10_31__2171

しばらくの間空中で遊んでいたが、しつこいカラスに嫌気がさしたのか、上流の方に飛んでいってしまった。

2010_10_31__2100_edited1

            モズ

この上流には、つい最近まで白いチョウゲンボウが出現してにぎわったところである。話によると多いときで100人ぐらいのカメラマンが集まったとかいわれている。さぞかし近所の鳥に興味のない方は迷惑をしたのではないだろうかと思う。

2010_10_31__2087_edited1

            ホオジロ

長玉で遠くから見ている分にはいいが、最近は300~400mmぐらいが手持ちで振り回せるので便利に使われている。どうしても被写体に接近するので、鳥にも人にも迷惑をかけることになる。趣味を楽しく長続きさせるためには鳥や人様に迷惑をかけないようにしたいものである。

« ハロウィンを愉しむ 多摩センターを歩く | トップページ | ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴとカラス  たま川合流点:

« ハロウィンを愉しむ 多摩センターを歩く | トップページ | ゲゲゲで賑わうお寺  深大寺を歩く »