野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« イルミネーションの季節  多摩センター | トップページ | りんごとカモシカ  北信濃の秋 »

白鳥の湖  安曇野犀川のほとり

年末も近くなると白鳥の飛来が話題になる。ここ、安曇野の犀川に白鳥湖といわれるコハクチョウの飛来地がある。湖といっても犀川をせき止めたダム湖である。

2010_11_27__4335_edited1

ダム湖といっても大きなダムを想像してしまうが、どちらかというと堰といった感じである。甲信越自動車道の豊科インターを降りて5分ぐらいのところにある。丁寧に案内の看板があるのですぐにわかる。

2010_11_27__4369

10月頃から飛来し始めて、越冬をして3月末頃に北方に帰る。鳥の数は1月が一番多く約1000羽以上が飛来するといわれている。白鳥だけでなく鴨類も多く見られるので楽しい。

2010_11_27__4566

コハクチョウは鴨科の水鳥で、体長120cm、翼を広げると190cmにもなる。普通はシベリアで夏を過ごし、6月頃に産卵をして子育てをし、湖沼や地表が凍る9月に親鳥と幼鳥が共に暖かい南の地へと旅立つ、北海道や新潟では一回り大きなオオハクチョウも見られるが、日本の湖沼を経由して、新潟の瓢湖やここ犀川で冬を過ごす。

2010_11_27__4382

白いコハクチョウの親鳥に混じって翅が灰色の白鳥は、夏に生まれた子供であるが生後3ヶ月で5000kmもの距離をわったって来るのである。たくましい白鳥の子供たちの姿、日本の子供たちも見習ってほしいものである。

2010_11_27__4387           

           白鳥の子供と首を突っ込んだ親白鳥

去年は、白鳥を見に来たがここ白鳥湖に九時ごろに着いたのでもう、白鳥は近くの田んぼへ出かけてしまった後だった。白鳥は、朝夕は田んぼで餌をとるのでねぐらにはいないのである。だから、安曇野のアルプスをバックに白鳥の写真を撮るには田んぼへ出かけたほうがよさそうである。

2010_11_27__4340

今年は元気を出して早朝というより深夜といったほうがいい時間に出てきた。現地には6時半には到着、先客は一組の夫婦だけ。やっと陽が出てくるところであり、遠くのダム湖に数羽の白鳥が見えるがかなりの距離である。

2010_11_27__4408

ここでは、餌付けをしているとのことで近くにいたおばさんが、「もう少しすると目の前に飛んできますよ」 との言葉。機材の準備をして待つことにする。

2010_11_27__4506

白鳥飛来の歴史を見ると、安曇野での白鳥の飛来を初めて確認したのは、1984年(昭和59年)12月31日だという。確認されたのは白鳥の一家5羽で、その2日後に餌付けに成功し、地元のボランティアによって白鳥の保護や観察、湖の自然環境の維持が行われているという。

2010_11_27__4511

餌まきが始まると、遠くにいた白鳥たちが一斉に飛び立ち上空を旋回し、大きな羽を広げて水辺に下りてくる、見事なものである。すでにいる鴨たちと餌の取り合いで一気ににぎやかになる。

2010_11_27__4359

上空では、2~3羽のトビがあわよくば餌にありつこうと旋回しながら急降下してチャンスをねらっているが、思うようには行かないもので、あきらめて河原の流木の枝に止まって次の機会をねらっている。

2010_11_27__4465_edited1

           トビ

2010_11_27__4449_edited1

犀川の水辺ではコハクチョウの親子が餌の奪い合い、食事時の喧騒を見ているととても「白鳥の湖」という音楽のイメージはわかないが、良く見ると可愛い目をして愛嬌のある顔である。

2010_11_27__4601

           親子

2010_11_27__4447

しばし、朝食の白鳥たちの姿を観察していたが、翅の灰色の子供たちも真っ白な羽根の親鳥に成長して、また来年もここに戻って来てくれる事を祈りながら犀川を後にして、りんご採りをするために実家へとむかった。

« イルミネーションの季節  多摩センター | トップページ | りんごとカモシカ  北信濃の秋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の湖  安曇野犀川のほとり:

« イルミネーションの季節  多摩センター | トップページ | りんごとカモシカ  北信濃の秋 »