野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« イチョウ並木の黄色 昭和記念公園 | トップページ | いつもの鳥たち  多摩川を歩く »

日本庭園の紅葉  立川昭和記念公園

昭和記念公園のゲートに行く手前に昭和天皇記念館がある。記念館と言うから立派な建物を想像する、広い地形に合わせて建物の近くは階段になっているが長いスロープで公園に向かうようになっているので、うっかりすると見落としてしまいそうである。

2010_11_13__3036

内部には、関東大震災から終戦、その後の研究生活など昭和天皇87年の歴史が展示されている。太陽の日に光り、風になびくすすきの穂を見ながらスロープを登り、大きな橋を渡ると眼の前に広がるのは、黄色に色づいたいちょう並木が並ぶ昭和記念公園である。

2010_11_13__3083

2010_11_13__3104

水鳥の池には、天気がいいのでボートがたくさん出ている。バードサンクチュアリ、ハーブ園をぬけると、家族連れや子供たち、若いカップルがそれぞれに遊ぶみんなの原っぱに出る。

2010_11_13__3090

2010_11_13__3107

広い芝生を右手に見て、今が見ごろの木々の紅葉を眺めながら日本庭園の入り口へと向かう。このあたりはつい最近までコスモスでにぎわっていたところである。

2010_11_13__3138

2010_11_13__3141

この公園のよさは、広いことといつも四季おりおりの花を見せてくれることである。これからは、サザンカ、ヤブツバキ、ボケ、コウテイダリア、レオノチス、ニホンスイセンなどである。

2010_11_13__3163

2010_11_13__3147

日本庭園は、今が盛りの紅葉で人出もいっぱいである。入り口の赤や黄色の葉は西に傾き始めた弱い日の光を通して真っ赤に燃えている。また、ブナ系の木々は黄色の葉に太陽をすかしてさらに輝きを増している。

2010_11_13__3165

2010_11_13__3176

池の水面に映る紅葉した木々の姿が鏡面のような水の上に静かに影を落としている。近くでは、エナガの群れがさえずりながら色づいた木々の間を飛び回り、紅葉と小鳥の絵を想像させてくれているがなかなかうまい構図に収まってくれない。

2010_11_13__3169

2010_11_13__3184

陽を受けての紅葉した葉はきれいに見えるが、落葉した色づいた葉もまた別の秋の味を楽しませてくれる。欲を言えば、もう少し空が青かったらよかったのにと思うところである。

2010_11_13__3199

2010_11_13__3204

赤い色のきれいな紅葉は京都が一番だろうが、ここ立川の日本庭園の赤い紅葉もそれに劣らずきれいである。しばらく京都の紅葉を見ていない私にとっては、満足の行く風景であった。

2010_11_13__3217

2010_11_13__3226

これから、さらに近くの山々の色づきもピッチを上げていくだろう。毎週、毎週紅葉狩りの日々が続きそうである。

2010_11_13__3214

2010_11_13__3255

今年の夏の暑さを見ていると日本の四季にも異変があるのかと思わせるところがあったが、自然の営みは着実に進んでいる。都心よりちょっと早めの秋の深色がここでは楽しむことができる。

« イチョウ並木の黄色 昭和記念公園 | トップページ | いつもの鳥たち  多摩川を歩く »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/50037368

この記事へのトラックバック一覧です: 日本庭園の紅葉  立川昭和記念公園:

« イチョウ並木の黄色 昭和記念公園 | トップページ | いつもの鳥たち  多摩川を歩く »