野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 吉田のうどんと鳥モツ  北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 冬鳥たち   近くの公園 »

コジュケイとシロハラ  いつもの公園

霜柱が立つようになった近頃の早朝、すっかり葉が落ちた公園の木々の間からは見通しがよくなり、丘の上から下の歩道が見えるようになった。

2010_12_23__6361

朝陽がまぶしく光る木々の間に、まだ残る紅葉のあかい葉が日の光を受けてきれいに透けて見える。

2010_12_23__6397

突然藪の中から飛び出してきた数羽の野鳥、道路をはさんで反対側の藪の中に隠れたが一羽だけが木の枝に止まっている。コジュケイである。

2010_12_19__5492

                         コジュケイ

コジュケイはいつもチョコチョコと地面の上を歩いているので、枝に止まった姿は珍しい。公園を散歩中の女性が「あのウズラのような鳥は何と言うんですか?」と聞いてくる。

2010_12_19__5490

コジュケイは小型のキジ類で体長は25cmほどでキジやヤマドリと違って尾が短く、うずらに良く似ているがうずらよりは一回り大きく、オスメスは同色で褐色系である。

2010_12_23__6355_3

                         シロハラ

原産地は中国南部と台湾で、20世紀はじめに狩猟の対象にするために日本に持ち込まれた外来種である。鳴き声は大きな声で「ちょっと来い、ちょっと来い」と鳴くので分かり易い。

2010_12_23__6430

公園を歩いていると落ち葉をひっくり返している鳥はシロハラ。ツグミ類でほぼ全身が灰褐色で名前の通り腹部が白っぽい。森林のしげみの中に潜むことが多いが、都市部の公園などにも姿を現し、単独で行動する。

2010_12_23__6439

いつもの冬鳥たちがそろそろ顔を揃える頃になってきた。葉がおちた樹木林は鳥見には好都合で、寒さは厳しくなるがこれからが楽しみである。

« 吉田のうどんと鳥モツ  北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 冬鳥たち   近くの公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コジュケイとシロハラ  いつもの公園:

« 吉田のうどんと鳥モツ  北口本宮富士浅間神社 | トップページ | 冬鳥たち   近くの公園 »