野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 白鳥の湖  安曇野犀川のほとり | トップページ | 秋の鳥たち  北信濃 »

りんごとカモシカ  北信濃の秋

遅い北信濃の秋を楽しみながら実家でのりんご採りを手伝いに行った。山の紅葉はすっかり終わり、葉が落ちて裸の木が目立つようになってきている。

2010_11_27__4644

            清水寺 の紅葉

遠く北アルプスの山々はもうすでに雪化粧で真っ白である。紅葉で有名な清水寺(せいすいじ)の境内を早朝に歩いてみる。11月の13日、14日に紅葉祭りが行われかなりの賑わいだったと聞いていたが、祭りの後の残りの紅葉も捨てたものではなかった。

2010_11_27__4660

朝の陽をすかしてみる赤い紅葉は真っ赤に燃えているようである。数少ない残りのもみじであるが、最後の姿を私に見せるために残しておいたようにきれいに輝いている。

2010_11_27__4627

石段に落ちたもみじもまた違った美しさを見せてくれる。朝のお寺の境内では、その落ち葉を竹箒ではき集めて落ち葉焚きををしている。その白いけむりが青い空に吸い込まれるように上っていく。

2010_11_27__4662

実家ではりんごの収穫に忙しい。週末の土曜、日曜ですべて採り終えたいというので、朝早くから手伝うことにした。体を動かすことはいとわないが、いつも使う筋肉と違うところを使うので、翌日の筋肉痛が心配だ。

2010_11_27__4685

リンゴ採りをしていると山の端に一匹のカモシカが、小春日和の天気に誘われて草を食んでいる。最近は猿や熊が民家の近くに出没することは珍しくなくなったがニホンカモシカは珍しい。

2010_11_27__4684

                   リンゴ

ニホンカモシカは、日本固有のカモシカで国指定特別天然記念物になっている。日中関係は今、尖閣問題などでぎくしゃくしているが、日中国交正常化に際し、パンダのお礼として中国へ雌雄一頭ずつ贈られたことでも知られている。

2010_11_27__4683

見た目は小柄でずんぐりとしており、よくいわれる「カモシカのような脚」とはこのニホンカモシカではないと思う。昔から、カモシカの毛皮は水を通さず保温性も非常に高く、防寒具の素材として用いられてきた。

2010_11_27__4744_edited1

             ニホンカモシカ

崖地を好み、犬に追われた場合など崖に逃げる傾向が強い。好奇心が強く、人間を見に来ることもあるといわれている。今日は、暖かい日和に誘われて私のリンゴ採り風景を見に来ているのだろうと思う。

2010_11_27__4727

主に森林内の植物の葉を食べ、冬には冬芽や枝先の樹皮なども食べる。上側の歯がないので、枝先からこそぐように食べる。つまみ食いをするように少量食べて移動することを繰り返す。

2010_11_27__4740

なおカモシカは植物質なら樹幹の樹皮などでも食べ、一帯を食べつくすために植生に大きな影響をもたらすことが多い。カモシカは葉もの野菜を食害することもあり、農業被害の一因にもなっている。

2010_11_27__4739_edited1

事実、実家のリンゴ畑にも度々出没して葉を食べる。幸いにリンゴの実そのものは食べないのでまだ助かってはいるが、食害による林業や農業への被害が問題になっている。

2010_11_27__4744

カモシカは、乱獲がすすみ3000頭まで減少したため1955年、特別天然記念物に指定された。それ以来それぞれの地方で個体数が増加して、現在の生息数は7万頭から10万頭と推測されているそうである。

2010_11_27__4734

最近、野生の生物が民家の近くまで出没するニュースが相次いで聞こえてくるが、これは自然の節理で、今まで林業が盛んなころは人が山に入ったので、動物たちは自分の領域をわきまえて生活していたものが、山は荒れ放題で人が入ってこないので動物たちの領域を広げてきたら、民家に出会ってしまったというような構図なのではないだろうか。

2010_11_27__4649_edited1

                          エナガ

日本の国土の3分の2は森林と言われている。つまり、森林率は66%なのである。TPPでは農業問題が懸案事項になっている。徴兵制はなくなっているが、徴林制とか徴農制みたいなものを設けて国民全体で日本の国土と日本の将来を考える必要があると思う。

« 白鳥の湖  安曇野犀川のほとり | トップページ | 秋の鳥たち  北信濃 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんごとカモシカ  北信濃の秋:

« 白鳥の湖  安曇野犀川のほとり | トップページ | 秋の鳥たち  北信濃 »