野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« またルリビタキ  幸せの青い鳥 | トップページ | ウソ三昧  真っ赤なウソとは? »

今朝の鳥たち  久しぶりの多摩川

大雪が降ったと思ったら、大雨の東京、久しぶりに多摩川土手を歩いてみた。多摩川もかなり増水して川の流れが変わっている。枯れた葦の枝が水に流されて横倒しになり、川原を歩くには歩きやすくなっているが、小鳥たちの棲家はながされてしまったのではないかと心配してしまう。

_0397

                                    都庁と東京スカイツリー

雨の後のせいか、かなり高くなった東京スカイツリーの姿が遠く東京都庁のシルエットの間に見える。これから春になると、空は霞がかかることが多いので、見える機会は少なくなるが晴れた日にはよく見えるところである。

_0478_edited1

           ハジロカイツブリ

大栗川の土手沿いをのんびりと歩いていると、カラスたちの鳴き声がにぎやかに聞こえるほうを見ると何とオオタカをからかっているではないか、4~5羽のカラスがオオタカの成長を追い回している。

_0415_edited1

           オオタカの後ろ姿

オオタカは近くの崖の大きな木の枝に止まりカラスをかわす、しばらくじっとしていたがお尻を上げて糞をしたかと思うとゴルフ場の方向に飛び去ってしまった。

_0420

下を流れる川には、風のない鏡面のような水面をカイツブリが一羽ゆっくりと泳いでいる。その川岸には、カワセミがじっと餌をねらって川面をのぞき込み時折後ろを警戒しながら振り向いている。

_0422_edited1

          オオタカ

土手の枯れ草の枝にはジョウビタキのオスが忙しそうに後ろ姿を見せたり、こちらをのぞいて首をかしげたりしている。そして次々と下流へ向かって枯れ草を飛び渡っていく。

_0460_edited1

          ジョウビタキ ♂

本当に今年はアオゲラに縁がある、近くのコナラの木でコツコツと音がする。コゲラにしてはしっかりした音なので良くみると、アオゲラのオスではないか。相変わらず木に向かって激しく嘴をたたきつけ餌を探している。

_0426_edited1

          カワセミ ♂

他には、モズやホオジロ、アオジ、ツグミなどが川原の枯れ枝や、畑の中を飛びまわったり、歩いたりしてそれぞれの朝食に忙しそうである。

_0532_edited1

          アオゲラ  ♂

多摩川の流れを見ていると、水がぶつかる対岸の土手がえぐられて崩れている。数年もするとさらに侵食されて、今まで歩くことができたところもなくなってしまうのではないかと思う。さらに、鳥たちが棲息するところが少なくなってしまうような気がする。

_0436

          魚をくわえて飛翔するカワセミ

_0454_edited1

堆積した土砂で水の流れが崖下のほうに向かっているので、川の流れを良くするために河川敷には工事の重機が入っているが、開発と自然環境の保護の重要性を感じる朝の散歩であった。

« またルリビタキ  幸せの青い鳥 | トップページ | ウソ三昧  真っ赤なウソとは? »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/50965248

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の鳥たち  久しぶりの多摩川:

« またルリビタキ  幸せの青い鳥 | トップページ | ウソ三昧  真っ赤なウソとは? »