野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 冬に逆戻り  また雪が降った | トップページ | 脅威のあと  想定外の想定 »

地震 被災地の皆様にお見舞い申し上げます

出張会議中の突然の大きなゆれ、堅固な建物でいつもの地震のように思って会議は続行、ところがいつもとはだいぶ様子が違い、揺れもかなり長く続きそれがさらに大きくなる。会議は中止して全員外に避難することにした。

外は公園の一角なので、内部より安全である。外に出ても尚続く揺れは、目の前にある超高層のマンションを大きく揺らしている。上層階の人はかなりのゆれだろうと心配するほどである。

見ている足元も船酔いにあったかのような不安定な状況に、ただごとではないような雰囲気を感じる。しばらく落ち着くのを待って近くの本社の社屋に移動する。頻繁に続く余震の中を会社と連絡して事務所に戻ることになり、駅まで行くと全線運休で再開の目途は立たないとのこと。

いつもは閑散としている歩道が人であふれている。電車が不通なので乗客があるいているのである。最終的に頼りになるのは自分の足しかないと実感する場面である。やむなくまた本社に戻り、情報収集をすると、震源地は三陸沖とのこと、工場は東北にあるので心配になり連絡をとるが不通である。休み明けの配送でお客様に迷惑をかけることがさらに心配になる。

時間が経過するごとに地震の被害状況が大きくなる。携帯に伝わる映像は大きな津波が小さな町を丸呑みにしている風景を映し出し、その勢いを見ていると恐怖感さえ覚える。自然の猛威の下には人間の造ったものは正に海の藻屑のように思える。

深夜になっても、都内の交通の足は確保できそうにない。地下鉄、JR、私鉄の各線は運転を再開する様子は見えない。普段人通りの少ない通りも夜遅くまでたくさんの人々が歩いているし、道路も大渋滞である。話を聞くと新宿から3時間も歩いてきたとか、これから千葉まで歩いていくとかの話が聞こえてくる。

私も結局帰ることができず、翌朝6時の電車で家に帰ることにしたが、動き出した電車も通常の3割程度、余震のたびに一旦停止と安全確認、時間がかかる。下り電車が普段の通勤ラッシュよりひどい混雑で、来る電車も満員でホームはあふれんばかりの早朝帰宅組、電車も2、3本見送らないと乗れない状況である。いつも45分ぐらいの通勤区間が家に着いたのは9時を過ぎていた。

まず、家族の安全を確認して一安心、幸い我が家は、高いところにおいてあったものが落ちたり、水槽の水がこぼれたりの程度で大きな被害はなかったのが幸いであった。しかし、教訓としては、地震国日本にいる限り震災の対策はちゃんとしておかねばならないと改めて思った。

被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。亡くなられた方々、ご遺族の皆様には謹んでご冥福と共に、一日も早く元通りの生活に戻られることをお祈りいたします。

« 冬に逆戻り  また雪が降った | トップページ | 脅威のあと  想定外の想定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震 被災地の皆様にお見舞い申し上げます:

« 冬に逆戻り  また雪が降った | トップページ | 脅威のあと  想定外の想定 »