野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ウグイス  春告げ鳥の声 | トップページ | スミレ    路傍に咲く花 »

満開のサクラ  春を告げる役割

日本人に最も古くから親しまれ、一般的な花であり、最も愛されている花がサクラの花ではないだろうか。サクラの花は葉が出揃う前に花が咲く、初春に一斉に開花して周りを明るくさせ、春を告げる役割を果たしている。

_5158

日本の年度は4月に始まるので学校や役所、公園など公共の場には必ずサクラの木が植えられている。ここ多摩市もいたるところに桜並木があり一斉に花を開いている。

桜ヶ丘公園はもちろんのこと、乞田川の両側の土手には多摩センターから大栗川の合流地点まで古木が並んでいる。また、永山の「桜並木通り」 は桜の花のトンネルをくぐっているように頭上に覆いかぶさる。

_5159

「サクラ」の名前の由来は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものという一説もある。いずれにしても開花してから一週間ぐらいで花が散り始めるがその散り際もまたきれいである。

_4915

サクラにもいろいろ種類があり、早いもので3月中旬から咲き始め、遅いものは5月中旬頃まで咲いている。2月頃に咲き始めるカンザクラから、ヤマザクラガ3月下旬、ソメイヨシノが4月上旬、ヤエザクラが4月中旬くらいに見ごろを向かえる。

_5160

地域的には沖縄のヒガンザクラを皮切りに日本列島を北上し5月の連休明けには弘前、北海道の松前城へと見ごろが移り、我々の目を楽しませてくれる。

_4916

また、暦のしっかりとしていない時代には桜の開花を農業開始の指標にしていたので、農民にとっては大事な木で各地に田植え桜や種まき桜とよばれる桜が残っているところもある。

_5161

パッと咲いてさっと散ってゆく潔さが好まれ、江戸時代には「花は桜、人は武士」という言葉も残されている。新渡戸稲造の『武士道』にも「武士道とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と表現されている。

_4917

この武士道の潔さを美徳として、旧日本軍は若者を戦場に送り出した悲劇がある。「同期の桜」や「花と散る」という言葉、特攻機の「桜花」などは自己犠牲を賛美しているが、時代の責任といえばそれまでだが残念である。

_5167_edited1

          ウグイス

桜にまつわる話はたくさんある。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という諺もあるが、桜の木は傷を付けるとそこから腐りやすく、梅の木は切っても回復力が強く、かえって剪定をきちんとした方がいいという意味から言われている。

_5155_2

桜の花を見ながら宴会することを「花見」 といっているが、酒によって桜の枝を折る人もいたことから、戒めとしての言葉である。今回の東北地方の震災でこのような花見は少ないと思うが、古くから日本人に親しまれている花見を、来年は日本全国で見られることを祈念するこのごろである。

« ウグイス  春告げ鳥の声 | トップページ | スミレ    路傍に咲く花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開のサクラ  春を告げる役割:

« ウグイス  春告げ鳥の声 | トップページ | スミレ    路傍に咲く花 »