野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 自然の猛威から2週間  自分にできることはなにか | トップページ | ニホンカモシカ  春の雪景色の中で »

3・11から3週間  へこたれずに前へ

あれから3週間、時間が経つにつれて被害の大きさに驚くと共に、第二次災害の原発の問題がさらに大きくなってきている。放射能に関する報道の発表数値はもう少し規制してもいいのではないか、発表した翌日には必ず数値は下がりました安全ですの報道、本当に安全なのか不信感を持ってしまう。

_3108

                        シロハラ

そんな中でも、元気な報道も見られるようになってきた。宅配便の復活、コンビニの再開など日常生活に関わるものが動き出してきた。食料や物資は被災地に優先的に届くようにしたいものである。

_3278

           ルリビタキ ♂

高速道路は開通したが、まだ補修工事をしながらの開通で道路に段差があり高速では走れないと聞いた。それでも家族、親戚の消息を尋ねての運転で被災者のことを思えば我慢できることである。

_3358

           トビ

瓦礫の撤去にボランティアの応援が後を絶たないといわれて、日本人の底力を感じる。自分にできることは何かと常に考える。今、自分にできることで精一杯の復興支援をしようと思う。日常生活では、まず募金、買いだめをしない、計画停電に協力する、嘘デマに惑わされない。報道の真実を見極めて行動を判断する。

_4553

           ルリビタキ ♀

その一方で、復興支援に名を借りた詐欺まがいの行動も報道されている。日本人の恥としては、昔から「火事場泥棒」の罪は重いとか言われるが実際にはそうでもなく、感情的に許せないことのほうが大きいようであるが、私は絶対に許せない行為だと思う。

_4867

           エナガ

何時間も並んでやっと入れたガソリンを車を壊されて盗まれた話を聞くと、情けなくなる。ある国では1週間後には銃殺である。民主主義の社会ではそうもいかないが、感情的には分かる気がする。

_4451

          ガビチョウ

こういった行為はごく一部の人たちで、大半の人たちは精神的にも、肉体的にも復興支援に向いている。全世界から復興の手が差し向けられている中で、日本人の非人間的な行為は断じて許せるものではない。

Photo_2

           ウグイス

4月に入り、ウグイスもきれいな声でさえずり始め、今日は新入社員の入社式で新年度が始まった。桜の花も咲き始めたが花見の自粛の話もでている。ドンチャン騒ぎをする姿だけが花見ではないので静かに桜の花を眺めながら新年度と明るい未来を迎えたいものだと思う。

« 自然の猛威から2週間  自分にできることはなにか | トップページ | ニホンカモシカ  春の雪景色の中で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3・11から3週間  へこたれずに前へ:

« 自然の猛威から2週間  自分にできることはなにか | トップページ | ニホンカモシカ  春の雪景色の中で »