野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コブシ咲く街  こぶし通りを歩く | トップページ | カラス   カラスの行水に学ぶ »

春を告げる花  公園の花たち

春の暖かさがあったかと思うと次の日はまたセーターを取り出すような寒さ。三寒四温で春が来るというが気温の変化に体がついていくのが難しい。季節の変わり目をうまく乗り切ることが健康の秘訣である。

_4438

木々が芽吹きだし、ウグイスがきれいな声で鳴き始めた公園をのんびりと歩く。年度末での公園の工事も終わり、池やベンチが整備された。池は底にきれいに玉石が並べられ、小鳥たちの水浴びもやりやすそうであり、公園のベンチは間伐された大きなコナラの木が坐りやすいように加工されて置かれている。小鳥たちや公園を利用する人たちもさぞかし満足するだろうと思う。

Photo_2

          ユキヤナギ

冬場にたくさんのイカルがいた場所には、桜の蕾が大きく膨らんで足元にはきれいなラッパスイセンが花を開いている。石段を降りてみると小さなスミレが「私もここにいます」といわんばかりに薄紫の小さな花びらを見せている。

Photo_3

          キブシ

Photo_4

_4203

           サンシュウウ

坂になった芝生にサンシュウの花が黄色の小さな花を咲かせている。東屋のとなりには菜の花が一面黄色に染めて、春の訪れを告げている。周りはスイセンの花、オレンジ色のクロッカスなどが落ち葉の中に花を開いている。

_4275

                  ラッパスイセン

_4205

          ナノハナ

低くたれた老木のソメイヨシノは一分咲きというところか花を見せている。今週末は気温にもよるが5分咲き程度の見ごろになるのではないだろうか。

_4266

          ソメイヨシノ

_4273

暖かくなって木々が芽吹き始めると、鳥たちは山に帰ってしまう。帰り支度が間に合わないのかルリビタキがまだ顔を見せてくれる。なんといってもこれからはウグイス、なかなか姿を見せないがきれいな声を聞かせてくれる。

_4429_edited1

          ルリビタキ ♀

しばらくは、ウグイスの姿を追いかけてさえずりを楽しむことにする。春の花が咲く枝に止まるウグイスの姿を、うまい具合にアングルにおさめてみたいものである。週末はひたすらウグイスを待ってみることにする。その頃には春の陽光があたりを包んでくれるだろうことを期待する。

« コブシ咲く街  こぶし通りを歩く | トップページ | カラス   カラスの行水に学ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる花  公園の花たち:

« コブシ咲く街  こぶし通りを歩く | トップページ | カラス   カラスの行水に学ぶ »