野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハルジオン   人里に咲く山野草   | トップページ | 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く »

梅雨入り   うっとうしい季節

気象庁の発表によると、関東甲信地方が梅雨入りしたということである。平年より12日早く、昨年よりも17日早いらしい。

_7682

         カメの甲羅干し

気象庁では、観測史上2番目に早い梅雨入りで今朝も朝から雨模様である。入ったばかりであるが、梅雨明けは平年だと7月21ごろ、昨年は7月17日ごろであった。

_7679

         見附橋

それから考えると今年の梅雨明けは、7月1日ごろになるのだろうか、雨量は平年並みと言われているが雨での災害が起こらないことを祈りたい。

_7678

               長池公園

梅雨の季節にはそれなりに雨が降らないと、夏の水不足の心配にもなる。何事もそうであるが多すぎてもダメ、少なすぎてもダメでほどよい適量が必要なのである。

_7611

          ガビチョウ

「中庸」という言葉があるが、偏ることなく常に変わらないこと、過不足なく調和がとれていることが一番いいのであるが、世の中そうはうまくいかないからおもしろいのである。

_7624

          エナガ

特に自然界はそう簡単にいかないのが常であるが、何事があってもそれに対応できるように常に準備をしておくことが肝要である。

_7698_edited1

          カルガモ

家の中でじっとしていることが嫌いな私は、雨で外に出られないのはつらいことである。そういうときは本を読んだり、今習っている篆書の練習をすることが多い。

_7728

                 キジバト

雨の多いこの季節に本腰を入れて、篆書、篆刻をマスターしたいと思う。漢字のルーツから中国史に興味を持ち、学生時代に読んだ本を引っ張りだして、「三国志」、「孫子の兵法」にはまっているこのごろである。

« ハルジオン   人里に咲く山野草   | トップページ | 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り   うっとうしい季節:

« ハルジオン   人里に咲く山野草   | トップページ | 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く »