野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 富士山  梅雨の晴れ間の笠雲 | トップページ | 薬師池  いずれ菖蒲か杜若 »

薬師池  季節の花紫陽花

梅雨の時期を楽しむには何がなんでも早起きである。最近の夜明けは早いので目ざまし時計はいらない、時計より早く目が覚めて、隣に寝ているかみさんのために目覚ましを解除して忍び足で階段を登る。

_9619

こんな気遣いを寝息をたてて寝ているかみさんは、つゆ知らず安眠の世界で夢を見ている。早起き亭主は他ならぬ神経を使って生きているのである。

_9620

早朝の公園は、やはり早起き夫婦や早起きの人たちで賑わっている。賑わうといっても視界的には心地よい人影である。ゆっくりと歩く人、ジョギングで走る人、花をじっくりと眺めている人などである。

_9630

紫陽花園を歩くと、昨日の雨が花弁に残り朝日に輝いている。今が盛りで一番きれいに見える。早朝の光は日の当たるところと、その影のコントラストが著しいので被写体の位置が難しい。

_9640

_9643

それぞれの花には、それなりの感心する名前が付けられているが、花と直面しているときは名前の由来が納得できる。しかし、それぞれ自分を主張している花たちを見ていると自分が一番だと言っているように見える。

_9686

_9688

                水車小屋とアジサイ

梅雨時にきれいに咲く紫陽花を見ていると、その名前はそれを育てた人が勝手に付けた名前だなと思うが、でもそれなりに雰囲気を出して咲いている。

_9719

_9722

紫陽花の咲く山道を歩き、雑木林の散策路を降りて池の周りを歩くと、大きな鯉やカメなどが元気に泳いでいる姿が見える。コンクリートの太鼓橋を渡りアヤメ園に向かう。

_9737

_9733

「一番でないとだめですか、二番じゃいけないんですか」 と言った大臣がいたが、早朝に咲き誇る花たちを見ていると、「私が一番」 と言っているように花弁を開いている。その心がこの紫陽花園をきれいに見せているのだと思う。

« 富士山  梅雨の晴れ間の笠雲 | トップページ | 薬師池  いずれ菖蒲か杜若 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師池  季節の花紫陽花:

« 富士山  梅雨の晴れ間の笠雲 | トップページ | 薬師池  いずれ菖蒲か杜若 »