野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く | トップページ | 目に青葉   旧富沢家住宅 »

梅雨の晴れ間  河原の花と虫

河原にはいたるところに花が咲き始めている。雨が降り、増水のたびに流された草花の種が砂地に生き残ったものと思われる。

_8061

          テンニンギクとモンシロチョウ

ポピーやキンケイギク、テンニンギク、カワラナデシコなどが河原のごろごろとある石の間の砂地にきれいな花を咲かせ、照りつける太陽の陽を浴びてきれいに咲いている。

_8063

         オオモンツチバチ?

その花には、蝶や他の虫たちが花の蜜を求めてしベの中に頭を突っ込んで、夢中になっている姿が見える。

_8077

          コアオハナムグリ

黄色の花の周りを白い蝶が二、三匹三つ巴になってぐるぐると飛び、またそれぞれの花へとゆっくりと止まる、これはたぶん縄張り争いか、恋愛の意思表示なのだろうかと思う。

_8121_edited1

モンシロチョウやモンキチョウ、ツマグロヒョウモンかキタテハか三種類ぐらいの蝶がにぎやかに飛び回り、良く見ると中にはハチやコガネムシ、カメムシの類も見ることができる。

_8073

         キタテハ

陽の出が早くなり、今では四時半ごろになると明るくなる。ここ多摩川の河原にも釣り人やジョギングをする人、鳥見をする人などで早朝から賑わっている。

_8094

日本でも震災の影響でサマータイムの導入の話題が多くなっているが、早くから行動して退社時間を繰り上げるといろいろな面でメリットが出てくる。サラリーマンも4時退社になったらアフター4の楽しみ方も変わってくるのではないだろうか、実現を期待したいものである。

« 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く | トップページ | 目に青葉   旧富沢家住宅 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/51857355

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の晴れ間  河原の花と虫:

« 梅雨の晴れ間   多摩川を歩く | トップページ | 目に青葉   旧富沢家住宅 »