野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 南アルプス邑 ヤマセミに逢いたくて | トップページ | モリアオガエル  産卵の瞬間 »

陸のオシドリ  オシドリ池

管理棟の脇の道を下りせせらぎを踏み石伝いに渡るとオシドリ池の観察棟に着く、階段を登り池を見下ろすと、池の向こうにアオサギと小さく見えるのはオシドリの番、眼下にはキセキレイが遊んでいるだけで野鳥の姿は少ない。

_8766_edited1

聞くところによると、オシドリの番は昨日から姿を見せているとのことで、、わたしのために飛んできてくれたのかとうれしく思う。今後はもう少し増えてくのだろう。

_8793_edited1

いつもはオシドリと言うと、ペアーで水上を泳いでいる姿が多いが、今日は陸に上がり池の周りに生えている草をついばみながら歩いている姿である。

_8800_edited1_2

これもなかなか面白い。メスのやさしそうな眼と控えめな羽根の色とその姿、一方雄はいわゆる華やかなオシドリの姿である。

_8816_edited1

オシドリは、雌雄の仲が良く、寄り添うようにして休むことが多く、「雌雄相愛し」からオシドリと言われている。「雌雄相愛し」は ”しゆうあいをし” と読み、「をし」「をしどり」と呼ばれていたのが由来である。

_8853_edited1

         オシドリ ♀

陸を歩くオシドリはあまり見たことがないので、よく見ていると草の実や草の葉を嘴でしごいているように見える。水かきのある足で陸の上を良く歩けると思うが、オシドリはこの足で木の枝にとまったりするので感心する。

_8842_edited1

_8864_edited1

水上でもそうだが、陸のうえでも見ていると仲睦まじい。常に雄は雌の行動を見守りながら歩いている。どちらかと言うと”かかあ殿下”の世界かなと思う。どこかの家庭に似ている感じがする。他の鳥たちが来てくれないのでそんなことを考えながらオシドリの行動を眺めている。

« 南アルプス邑 ヤマセミに逢いたくて | トップページ | モリアオガエル  産卵の瞬間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸のオシドリ  オシドリ池:

« 南アルプス邑 ヤマセミに逢いたくて | トップページ | モリアオガエル  産卵の瞬間 »