野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 靖国神社参拝  みたま祭前の静寂 | トップページ | 河口湖の花  湖畔を歩く »

富士山とラベンダー ハーブを楽しむ

梅雨明けの好天気に誘われて河口湖のラベンダーを見に行く。早朝の五時半にスタートをしたので河口湖には七時には着いてしまった。

_1036

途中中央高速からの富士山は、雲一つなく快晴の青空にすじ状に見える残雪を残して朝日を浴びてきれいにその姿を見せてくれていた。

_1059

大石公園の駐車場には数台の車、早い人はもうカメラを構えて通路を占拠している。富士山には少し雲が出始めてきたが、まだその雄姿を隠すほどではない。

_1054

やはり富士山は頂に白い雪があった方が引き締まる感じがするが、今年は雪解けが早いのかほとんど雪はない。ラベンダーも最盛期は過ぎたようだが遅咲きの花がまだつぼみを持っていた。

_1088

湖面では水上スキーに興じる若者たちがモーターボートのエンジン音を高らかに、水しぶきをあげ、富士山と花の被写体に動の変化を与えてくれている。

_1066

吹く風は涼しいが青い空から照りつける太陽の光は、じりじりと照りつけ額が汗ばんで来る。湖岸の葦原ではオオヨシキリが大きな声で鳴き、時々葦の枝にとまり「今日のカメラマンは私に注目してくれない」と言わんばかりに大きな口をあけて鳴いている。

_1138_edited1

         オオヨシキリ

_1076

いつもの富士山は大体10時ごろには雲が出てくるが、今日は9時ごろにはだんだんと雲が多くなってきたので、対岸にある八木崎公園の方へと移動することにした。

_1100

         カバマダラとラベンダー

_1227

大石公園は湖と富士山と花がうまく入るが、八木崎公園は富士との構図を組み立てるのは難しい。だが花の数はこちらの方が多く見ごたえはある。

_1245

_1250

湖岸の樹木の日陰では、「IZANAGI」のシンセサイザーの演奏が聞こえ、ラベンダー園の雰囲気をさらに盛り上げてくれている。去年の玉原のラベンダーの時も一緒だった。

_1253

_1259

早朝からの行動で足も疲れてきたので、開店早々のお店で冷たいソフトと珈琲で一休みすることにした。園内もだんだんと人が多くなってきた。今日はこのハーブフェスティバルの最終日なのである。

« 靖国神社参拝  みたま祭前の静寂 | トップページ | 河口湖の花  湖畔を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山とラベンダー ハーブを楽しむ:

« 靖国神社参拝  みたま祭前の静寂 | トップページ | 河口湖の花  湖畔を歩く »