野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 河口湖の花  湖畔を歩く | トップページ | 早朝の中洲川端  那珂川を歩く »

雲の中の富士  一面のポピー

ラベンダーを堪能してせっかく山梨に来たのだから、ワインを買って帰ろうといつもの忍野のワインセラーに向かったが、開店時刻より早く着いてしまいあいにく店は閉まっていたので山中湖を経由で帰ることにした。

_1291

松林の直線道路を抜けると正面に雲に覆われた富士山、その手前に一面に広がるポピーの花が目に入った。時間を潰しているうちに雲がとれるかと淡い期待を抱きながら花畑を散策する。

_1290

ポピーもこれだけ一斉に咲くと見事なものである。ポピーは「ひなげし」と言われ、フランスの国旗の赤を表す花と言われている。また、第一次世界大戦の戦没者の象徴とも言われて追悼式にはこのひなげしの花が飾られる。私が思い浮かぶのは1972年に大ヒットしたアグネスチャンの「ひなげしの花」である。

_1299

中国の伝説では「虞美人草」ともいわれ、秦末の武将項羽の愛人に虞と言う人がおり、自害した翌年の夏にそのお墓の前に赤く咲いた花から「虞美人草」と言われているようである。

_1300

いずれにしても赤、ピンク、白、黄色など一面に咲く姿は素晴らしい。ここの花を見るといかにも紙で作った可憐な造花の花びらのようで、真ん中にしベがのぞいている。

_1296

残念なのは背景の富士山が雲で隠れていることである。ひなげしの花ことばは、「恋の予感」 「いたわり」 「陽気でやさしい」 「思いやり」とか・・・・、富士山は全容を見せてくれないが、一面に咲く赤い花を見ていると何か楽しいことが起きそうな予感がしてくる。

« 河口湖の花  湖畔を歩く | トップページ | 早朝の中洲川端  那珂川を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲の中の富士  一面のポピー:

« 河口湖の花  湖畔を歩く | トップページ | 早朝の中洲川端  那珂川を歩く »