野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 北信濃   みどりが池を歩く | トップページ | 鏡池   早朝の静寂 »

ミソサザイ   木道で遊ぶ

大きくなった水芭蕉の葉の下を流れる清流のさわやかな水音を聞きながら、木製の遊歩道を楽しみながら野鳥の姿を追いかけのんびりと歩く。静かな森に響く野鳥たちの鳴き声は高原の雰囲気をさらに盛り上げてくれる好きな光景である。

_1994_edited1

アオジのさえずりと赤ゲラのドラミングの音、遠くから聞こえるアカハラの鳴き声、近くの枝にはカワラヒワ、黄色が鮮やかに見える。幼鳥だろうか、水際をチョコチョコと小さな野鳥、ミソサザイである。

_2045

しばらくの間いろいろなところを飛び回っていたが、突然、例の大きな声で囀りだす。「どこにいるの」と廻りを探すと意外と近くにいて、囀りだすとあまり周りを気にしないで大きな声で鳴いている。

_2013

レンズを向けても大きな口をあけて尾羽をピッとたてて鳴き続ける。大きな口はノドチンコが見えるのではないかと思うほどである。

_2016_edited1

ところで野鳥にノドチンコがあるのだろうか。これは調べてみなければならないが「ワライカワセミ」の話では笑い過ぎてのどを痛めた話があったような気がする。

_2208

とにかく遊歩道の手すりに止まり思い切り鳴いている。そのさまはとにかく一生懸命という表現がぴったりである。

_2272_edited1

しばらくすると白い花の前に移動、そこでも一曲ご披露した後、少し高い木の小枝に止まりしばらく上空からのサービス。

_2269

ミソサザイは一番小さな鳥といわれているが、声は一番大きいかも知れない。基本的には人懐っこく民家の軒先に現れたりする。この年になっても人見知りをするわが身にすればうらやましいかぎりであるが、長い時間遊んでくれたミソちゃんでした。

« 北信濃   みどりが池を歩く | トップページ | 鏡池   早朝の静寂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミソサザイ   木道で遊ぶ:

« 北信濃   みどりが池を歩く | トップページ | 鏡池   早朝の静寂 »