野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トンボの湿地 昭和記念公園を歩く | トップページ | 静かな公園  のんびりと歩く »

花と昆虫  持ちつもたれつ

花を眺めていると、体中黄色の花粉をつけたクマバチが忙しそうに花から花へと飛び回っている。

_4021

         ベニシジミ

ミクロフィラの花の付け根のところに止まってはすぐに次の花へと動く、なかなかじっとしてなく蜜を吸うのも速いものだと感心する。

_4027

         クマバチ

それに引き換え蝶々は、じっと一か所の花に止まったきり細い口で花の中から蜜や汁を吸っている。動きは対照的である。

_4016

昆虫たちの動きで花たちは交配をして子孫を残していく。また昆虫たちは花の蜜を吸って生きていく共存共栄の社会なのである。

_4024

自然界はこれが基本である。人間の世界もまた、自然で生きていけるのが一番だと思う。最近、近くの農家から畑を借りて自分で耕して野菜などを作っている近所の人から、とりたてのキュウリをもらった。

_4023_edited1

形は曲がっているが、青々としてとげが白く着いていて、食べてみると柔らかくてみずみずしく大変美味しかった。スーパーで買ったキュウリの味に慣れていると、本当のキュウリの味を忘れてしまっているような気がした。子供のころは取り立てのキュウリにミソを付けてかじったものである。

_4028

化学肥料や化学調味料などで育った野菜から、無農薬、有機栽培などの食物が求められるようになってきている。放射能汚染などのニュースを聞いていると、安全、安心なものはなんだろうと改めて考えるこのごろである。

« トンボの湿地 昭和記念公園を歩く | トップページ | 静かな公園  のんびりと歩く »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/52587242

この記事へのトラックバック一覧です: 花と昆虫  持ちつもたれつ:

« トンボの湿地 昭和記念公園を歩く | トップページ | 静かな公園  のんびりと歩く »