野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« なら燈花会  世界遺産の夜 | トップページ | 奈良の鹿  なぜ人になついているのか »

東大寺  大仏様参拝

「奈良の大仏」 として有名な東大寺は、学生時代の修学旅行以来の参拝になると思う。奈良に来る機会は多いが大仏様へのあいさつは御無沙汰である。

_3612

          南大門

東大寺は、聖武天皇が国の平安を祈願して日本中に建立させた「国分寺」「国文尼寺」の中心的役割を担う「総国分寺」として建立されたといわれている。現在は華厳宗の大本山である。

_3627

        大仏殿

国土不安、政情不安が続いていた当時、それらの治安と平安を祈って東大寺、大仏が建立されたのである。

_3667

大仏殿は創建以来、治承四年(1180)と永禄十年(1567)に兵火に焼失して、今の建物は江戸時代に建て直された三度目のものであるといわれ、横幅が約三分の二に縮小されているが、それでも木造建造物としては世界一の規模を誇っている。

_3613

              吽形 (運慶)

五時までは入場できるというので、数十年の不義理を果たすべく参拝する、南大門の木造金剛力士立像を見て「阿吽の呼吸」を思い出す。ここの仁王像は、左に阿形(あぎょう・・・口を開けた像)、右に吽形(うんぎょう・・・口を閉じた像)と通常とは違った配置になっている。

_3616

中門の前には、大きな角を持った牡鹿が柱を背に座り、良いポーズをとってくれている。奈良公園の鹿ほど、自然界の動物が人間と深くかかわりあい近接している動物はいないのではないだろうかと思う。

_3619_edited1

               中門の鹿

正面にある金銅八角燈籠(国宝)を見ながら大仏殿を見上げるが、さすがに世界一の木造建築物、歴史とその作り、重厚さを感じる。

_3626

         中門

_3630

          大仏殿

_3634

               金銅八角燈籠

大仏様の正式名称は、「慮舎那仏像」と言われ、像の高さは14.7mで日本最大の大仏様である。手のひらを正面に向ける右手は、施無畏印といわれ「畏れる必要はない」という意味合いで、左手の相手に何かを与えるしぐさは、与願印といわれ読んで字のごとく「願いをかなえよう」という意味合いだといわれている。

_3660

_3642

_3652

国宝の大仏の撮影ができるというのもうれしいが、さらに大仏の後ろ姿も見ることができる。大仏の裏には大仏殿の柱くぐりがある。大きな柱に小さな穴が開いていて、この柱を無事に通り抜けると、一つだけ願いが叶うとか、頭がよくなるなどといわれている。

_3639

         大仏の座る蓮の花弁

_3649

              柱くぐり

この柱の大きさは大仏の鼻の穴と同じといわれているが、因みに柱の穴の大きさは、縦37cm,横30cm,奥行108cmであるという。子供しかくぐれそうもない穴であるが試してみたい気もする。しかし、大人の挑戦はともすると恥をかきそうな気がする。

_3663

               びんづる

ぐるっと一回りしてくると、出口の近くにお土産屋さん。オープンな大仏殿であるが大仏殿の中にお土産屋さんまであると、いささか興ざめがしないでもない。修学旅行以来の「奈良の大仏様」参拝、「畏れることはない」「願いを叶えよう」と大仏様の両手が言っている。いろいろお願いしたが今年の後半に期待したものである。

« なら燈花会  世界遺産の夜 | トップページ | 奈良の鹿  なぜ人になついているのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺  大仏様参拝:

« なら燈花会  世界遺産の夜 | トップページ | 奈良の鹿  なぜ人になついているのか »