野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 多摩のよさこい  多摩センター | トップページ | 雨露  自然のダイヤモンド »

サギソウ  白鷺に似て

雨上がりの休日、空模様はあまり良くないがサギソウが満開だというので昭和記念公園に足を向けた。あいにくの天気なので人影はまばら、みんなの原っぱではちびっこたちのサッカー大会が行われている。

_3917

水鳥の池の近く、花木園の木道の下に小さな可憐な白い花がたくさん咲いている。うっかりすると見過ごしてしまいそうである。

_3925

唇弁が幅広く、その周辺が細かい糸状に裂けている様子がシラサギが翼を広げた様に似ていることからサギソウと呼ばれている。花は特に夜になると芳香を発するといわれている。

_3943

白い花は本当にサギが羽根をひろげて飛んでいる姿を思い起こさせる。コサギが飛んでいるという感じでしょうか。

_3964

サギソウは世田谷区の「区の花」に指定されていて、昔話での言い伝えがある。それによると、

_3955

『吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)が悪い噂話のために追放され、身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくりつけて飛ばしたのだが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまう。

_3981

死因は飛び続けて力尽きたとも、鷹狩りの鷹や弓矢に落とされたとも言われている。その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったというお伽話である。』

_4069

そのせいで、多摩川には鷺の群れがたくさんいるのだろうか。ちなみにサギソウの花ことばは「夢でもあなたを想う」である。小さな可憐な白い花はそんなお伽話を語りかけているように見える。

« 多摩のよさこい  多摩センター | トップページ | 雨露  自然のダイヤモンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サギソウ  白鷺に似て:

« 多摩のよさこい  多摩センター | トップページ | 雨露  自然のダイヤモンド »