野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 大鳴門橋  鳴門鯛で舌鼓を打つ | トップページ | 有名連  踊る阿呆にあこがれて »

阿波踊り 見る阿呆にならなきゃソンソン

暑さは暑さで凌ごうと踊る阿呆にあこがれてはるばるとやってきた阿波の国、一泊二日でやっとたどり着いた。市内の演舞場は6か所、全部歩いても30分ぐらいのところに全ての会場があるので楽しみである。まずは、眉山ロープウエイのある阿波踊り会館で予備知識の修得をすることにする。

_3338

                                街にある踊り子のブロンズ像

ここでは有料であるがいつでも阿波踊りが見られるといわれている。踊り見物はどこの場所がいいとか、どの連が見ごたえあるかとか、案内の人が親切に教えてくれる。

阿波踊りは400年前に生まれた踊りだといわれ、よしこのリズム(二拍子)に合わせて踊る男踊りは、力強く躍動感にあふれ、ひょうきんに踊るのがポイント。女踊りはしなやかにあでやかに、一糸乱れぬ集団の美しさが魅力的なのだと教えてくれた。

_3343

      街中にいろいろな阿波踊りのモニュメントがある

阿波踊りは、踊り子と鳴り物からなる「連」という単位で行われる。職場、学校、地域、同好の集まりなどで30人から500人ぐらいまで規模は様々で、衣装や踊りのスタイルもそれぞれである。

_3342

         有名連の手持ち提灯一覧

一般的には、高張り提灯を先頭に、こども踊り、女踊り、男踊り、鳴り物の順に踊られる。技が卓越した連は「有名連」と呼ばれ、6時半からと8時半から有料の演舞場で総踊りが行われる。今年の有名連は「舞女流華連」の45人から「娯茶平」の320人と42連、これは見ごたえがあるとのこと。楽しみである。

_3361

阿波踊りのお囃子は、浮き立つような2拍子のリズムと、「よしこの」メロディー、「エライヤッチャ、エライヤッチャ、ヨイヨイヨイヨイ」 からなっている。これを担当するのが鳴り物である。笛、三味線、太鼓や鉦などからなり、楽器の種類やアレンジは連によって違う。踊り子が浮くも沈むも鳴り物次第といわれている。

_3380

          女踊り

町の2か所ほどに「にわか連」というのがあって誰でも入って踊れるという。有名連の踊り子の指導を受けて本番に踊りこめる。2拍子のぞめき囃子(派手ににぎやかに浮かれ騒ぐこと)にのって、左手と左足、右手と右足を一緒に出せば、もうそれで阿波踊りになるという。

_3362

              レレレのレ連

誰でも気軽に踊れるのが最大の魅力だという。ここで「踊る阿呆にならなきゃソンソン」になるのである。時間の経過とともに陽が傾き、街中への人出は多くなり賑わいは最高潮に達する。

隣に座ったのは金髪の外国の女性、カタコト英語で話かけようかと思ったら、踊り子の衣装姿で日本語を流暢に操り話しかけてくる、すでにテンションはかなり上がっているようである。

_3356

         男踊り

街のいたるところに無料の桟敷があるが、明るいうちに席取りが始まって満席である。道路の縁石に腰を下ろし踊り手を待つ、観客と共に連の人たちも多くなって来た、各地の企業、学生連が多い。地元の徳島大学をはじめ早稲田、慶応、京大、東大など各学部ごとにそれぞれのスタイルで参加している。

_3363

東京で有名な高円寺連も多数の参加で盛り上げているようである。歩道は見物客で立錐の余地もないというほどで、演舞場入口には屋台が並び暑さもあって食べ物、飲み物を買う人たちでごった返している。

_3367_edited1

            子供踊り

_3366

        鳴り物

8時半からの桟敷での観賞には時間があるので、腹ごしらえに徳島ラーメンでもと思ったが、人が多くて動けないのでラーメン屋にたどりつけず、屋台で済ますことにしたがとにかく凄い人と熱狂である。

人ごみをかき分け有名連の演舞を楽しみに藍場浜演舞場へと向かうことにした。演舞場は時間での入れ替え制なので、自由席を待つ人の列が会場を囲んでいる。こんなに熱狂的な盆踊りは他には例がないなと思いながら、本場の雰囲気を満喫し楽しんでいる。

« 大鳴門橋  鳴門鯛で舌鼓を打つ | トップページ | 有名連  踊る阿呆にあこがれて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿波踊り 見る阿呆にならなきゃソンソン:

« 大鳴門橋  鳴門鯛で舌鼓を打つ | トップページ | 有名連  踊る阿呆にあこがれて »