野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 曼珠沙華  巾着田を歩く | トップページ | ラーメン博物館  全国ラーメン巡り »

一面のコスモス  巾着田の宇宙

真っ赤な彼岸花の絨毯を満喫した後、雑木林を抜けて土手の上に登ると眼下に一面のコスモス畑が広がる。

_4766

満開のコスモスが、日和田山を背景に青い空の下そよ吹く風に花を揺らせている。思わずコスモスの花の中にうずもれてしまいたいような気持になる。

_4734

         日和田山(305.1m)

日高市内を流れる高麗川の清流の蛇行によってできた巾着田、今がコスモスの盛りである。白や赤、ピンクなどの花がきれいに咲いて青い空と白い雲によく映える。

_4744

花に埋もれて写真を撮る人、はなの香りを楽しんでいる人、コスモスのはなを摘んでいる人など、それぞれコスモスと戯れている感じで満開の花を楽しんでいる。

_4764

ここのコスモスの花は、申し込みをすれば摘んで持って帰ることができるようである。でも花というものは、野に咲いているのが一番きれいにみえる。「やはり野におけ・・・・」だろうか。

_4773

        巾着田の中央にある水車小屋

_4760

コスモス畑の中をゆっくりと歩きながら、花に何か野鳥が止まってくれたら絵になるのだがと思いながら、廻りを探してみるが見当たらない。見えるのは田んぼの中を飛び回っているハクセキレイの姿ぐらいである。

_4781

_4778

そろそろ夏鳥たちは旅立ち、冬鳥や山に帰っていた鳥達が里に降りてくる季節になる。秋の花を楽しみながら、そんな鳥たちのやってくるのを待ちわびて、その姿を追いかける次の散策地を探しているこのごろである。

« 曼珠沙華  巾着田を歩く | トップページ | ラーメン博物館  全国ラーメン巡り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一面のコスモス  巾着田の宇宙:

« 曼珠沙華  巾着田を歩く | トップページ | ラーメン博物館  全国ラーメン巡り »