野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 富士山  懐かしい思い出 | トップページ | 赤そばの里  赤いそばの花畑を歩く »

黄花秋桐  群生地を歩く

すっかり秋らしくなり、朝夕の涼しさが半袖から長袖に衣替えを要求する。日の出も5時40分ごろになり6時に家を出ると、まだ外は薄暗い感じがする。

_5597

しばらく行ってない近くの公園を歩いてみようと思い足を向けた。犬を連れた散歩の人たちはすでに公園を歩いているが、野鳥の声もあまり聞こえない公園はまだ人出は少ない。

_5602

公園の木々には台風の爪痕がいたるところに残り、折れた木々は枝を切り落とされて園内を歩くには整備されているが、景観としては折れて枯れ始めた枝がぶら下がったりしている。

_5603

ゆっくりと登り坂を歩いていると右手の丘のふもとの木の下に、黄色の花を咲かせた「キバナアキギリ」の群生地がある。近くで見るときれいな花である。

_5621

今までここを同じように歩いてはいたが、野鳥を追いかけているのであまり木々の下は気にしていなかったので気がつかなかった。小さな花たちが一生懸命咲いている。

_5604

キバナアキギリは、シソ科の植物で山地の木陰に生える多年草で群生する。茎の先に花穂をつくり、段になって、黄色の長さ2.5cm~3.5cmの唇形花を開く。

_5605

名前の秋桐は、花の形がキリの花に似ているところからきている。地方によっては、紅紫色の花をつけるアキギリもあるといわれ、長野の佐久地方には似たような花でシナノアキギリがあるといわれている。

_5619

野鳥達がまだ活動する前に歩いてみると、また違う発見があるものである。今年の秋は、季節の変わり目の自然界をそんな目線で観察してみようと思う。

« 富士山  懐かしい思い出 | トップページ | 赤そばの里  赤いそばの花畑を歩く »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/52942362

この記事へのトラックバック一覧です: 黄花秋桐  群生地を歩く:

« 富士山  懐かしい思い出 | トップページ | 赤そばの里  赤いそばの花畑を歩く »